信用取引で追証になる例と追証にならない3つの対策まとめ!

信用取引と追証

信用取引を行って行く上で、最も気を付けておきたい事は「追証」にならない様にする事です。

今回はそう言った、信用取引で「追証」にならない為に重要な考え方をご紹介させて頂きます。

信用取引で追証になる仕組みについて

オンライン信用取引の場合、多くは委託保証金率が50%になります。この為、最低保障金維持率は30%が規定になっています。

例えば、1000円の株を1万株買ったとして、新規建は1000万円になります。委託保証金率は50%の為、必要になる保証金額は500万円になります。

評価損や代用株の評価の減少により、保証金評価が300万円を割り込むと追証が発生してしまうのです。

一般的には、最低保障金維持率まで追証を差し入れるのが一般的です。

信用取引では追証にならない対策や工夫が必要です

基本的に追証を差し入れるのは、発生した日を含めて3営業日の午前中が期限になっています。

追証発生の当日に株を売っても、決済日は基本的に4営業日必要なので、追証の期限には間に合いません。こう言う状況にならない為にも、追証を防ぐ対策や工夫を行う必要が有るのです。

下記に追証を防ぐためのポイントを3つまとめてご紹介致します。

【追証対策①】委託保証金を多めに差し入れる

一番簡単な追証対策としては、なるべく多めの委託保証金を差し入れて置く事です。当たり前の事ではありますが、これはとても重要です。

余裕を持って保証金を入れて置くと、落ち着いて誤った判断をする事が少なくなるハズです。

【追証対策②】保証金は現金で充当させる

なるべく委託保証金は現金であてる様にしましょう。

代用有価証券として株を差し入れてしまうと、株価の値下がりによって担保価値が落ちてしまい、追証になってしまう事も。

こう言った事を避ける為に、なるべく代用株を使うのでは無く現金を入れる様にしましょう。

【追証対策③】代用有価証券を使う際の工夫

信用取引で買建てを行う際には、異業種の銘柄に代用を行う事が必要です。

基本的な事ではありますが、同じ業種の株を代用株にしていると、購入している株が値下がりしたと同時に代用株の価値も下がってしまい大事になります。

こういった事を避ける為にも、代用株は異業種の物を利用しましょう。

信用取引で一番怖いのは、追証になってしまう事です。

こう言った事を参考にしたり、下記の様なおすすめな銘柄を購入する様な対策を取るのが重要です。

※世間に出回る前の最新情報が知れる※無料の情報元リスト株おすすめ銘柄トップ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする