東京電力の株価暴落に学ぶ、「分散投資」の大切さ!

東京電力の暴落

東日本大震災以降、東京電力の株で大損をした人は多かったと思います。原発事故によって株価は大暴落し、2割程度にまで落ち込んでしまったのですから。

それまでは東京電力は安定している銘柄で、高配当を期待して購入していた人も多かったはずです。

【Point!】投資家達が人に言わない「無料の銘柄情報収集リスト」知ってます?
いち早く情報を仕入れて利益を出している投資家達が「人に言わない銘柄情報元」をこっそりご紹介しています。

東京電力の暴落は誰も察知できない

では東京電力の株を買った人は間違っていたと言えるのでしょうか?基本的に公共事業関連の株式を購入すること自体はリスクの少ない投資法で決して間違っているとは言えません。

逆にに電力株は長期的に見て安定した優良株と言えます。

問題点はそこではなく、株と言うものの基本的な性質を理解しておくことなのです。

まず投資の世界に絶対と言う言葉は存在しません。

どんなに安全と言われているものであっても、やはりリスクは潜んでいます。

東京電力は10年前であれば絶対安全だと言われていたでしょうし、だれが見ても優良だと言ったはずです。

それが地震によって原発が事故を起こすなんてことは誰にも予測できなかったのことです。

予期せぬ暴落に備えて「分散投資」を行いましょう!

暴落を経験した人には酷な言い方になりますが、これは非常に良い教訓として捉えるしかないかもしれません。

こういった予期できない暴落を回避するのにどのように投資家は行動すべきか?真剣に考えた方も多いのではないでしょうか。

例えば、投資のポートフォリオを作成するのも基本ですが、分散投資をおこなったりする事が重要ですね。

電力、ガス、通信、運輸などと言った分野の違っていて安定してると言われる企業へ資金を振り分けるのです。

このようにすることで、どこかがダメになっても影響を最小限に抑えることが出来ます。

さらに言えば、株式だけに資金を投入するのではなく、不動産や外国通貨などと言う性質の全く違うものに変えて保有すればさらに安心です。

この様に、一つの銘柄に対して投資を行うのではなく、リスクヘッジの為に分散投資を行って行きましょう。

※世間に出回る前の最新情報が知れる※無料の情報元リスト株おすすめ銘柄トップ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする