信用取引の時は短期勝負で損切りを積極的に行おう!

信用取引の損切

【チェック!】投資家達が人に言わない「無料の銘柄情報収集リスト」を確認する
いち早く情報を仕入れて利益を出している投資家達が「人に言わない銘柄情報元」をこっそりご紹介しています。

通常の現物取引の時などは、株価が下がっても「塩漬け」等の対応でカバーする事もできますが、信用取引の場合は異なってきます。

下手に塩漬け等の対応をしてしまったら、損失が膨れ上がってしまう事も。

今回はそういった、信用取引では損切りを積極的に行った方が良いワケについてご説明しています。

信用取引は損切りが大事な理由

現物での株式取引においては、売買に期限は無く金利や貸し株に対する費用も有りません。

けれども信用取引になると、こういった費用が増えて来るのもそうですが、期限内に取引が完了しないとどんなにこれから伸びるとわかっていても「強制終了」させられてしまうのです。

なので信用取引を行う時には必ず「短期勝負」で考えるのが大事です。少ない額でも利益を確定し、コツコツ積み上げる取引が一番リスクが無いと思います。

上がる見込みが立たないのはすぐに損切りを

いつまでに上がる見込みが有る等、ハッキリといつまでに上がる事が想像される時以外には、そんを抱えている銘柄株は損切りしましょう。前述した様に長期的に持つにはリスクが多すぎます。

気持ち的には悔しい物がありますが、なるべく早い段階で損の小さいうちに処分すべきですね。損を多少抱えたとしても、次の取引で結果を出すと考えるべきです。

大きくマイナスを被ってしまうと、次の取引資金に充てるお金も無くなってしまいます。冷静になりましょう。

余計な追証も損切りは避けられる

信用取引の場合、期限内の間に担保が不足してしまうと保障金を追加で入れなくてはいけません。

なので信用取引で塩漬けにしようと思っても、どんどん追証がかさんでしまい保障金を何度も払わなくてはいけない事も。

そんな状況にならない為にも、「売買は短期間で終わらせる事」と「信用取引の枠いっぱいのお金を利用しない事」「損切りを早い段階で判断する事」がとても大事ですよ。

こういった様に、信用取引を行う際には常に損切りを意識しながら取引をされる事がおすすめです。

冷静に欲張らず、気持ちを切り替える様な売り買いを重ねてみては如何でしょうか。

※世間に出回る前の最新情報が知れる※無料の情報元リスト株おすすめ銘柄トップ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする