リスクを考えた資金管理が株式投資では必要です!【初心者向け】

リスクと資金管理

初心者にとって難しいのが投資するときの資金管理ですよね。資金管理がしっかりできれば、初心者でも株で儲けることができるようになります。

まずは、株の鉄則として余剰資金でやること、これが第一です。

【Point!】投資家達が人に言わない「無料の銘柄情報収集リスト」知ってます?
いち早く情報を仕入れて利益を出している投資家達が「人に言わない銘柄情報元」をこっそりご紹介しています。

ご自身の生活を考えて資金管理は行おう!

生活を脅かすようなお金で投資をしている人はプロの投資家でもいません。兼業投資家として、サラリーマンとしての安定収入を確保している人も多いです。

専業投資家でも、不動産を持っていたり、株の中でも高配当な株を買って資金の基盤を作っている人がほとんどです。

それを前提として、株式投資で勝率を高めるためには一定期間投資に取り組む必要があります。

そもそも確率論として、数を打たなければ当たるものも出てこないという構図になっているんですね。

だから、とにかく株に興味があったら始めてみる、いくつか銘柄を買ってみる、いろんな投資を試してみるということが必要になってくるわけです。

ただし、資金管理としては、すべてをいきなりつぎ込むのも考えもの。一つのところに投資をしていては、そこが破綻した時に一気にすべてを失ってしまいます。

そこで資金管理のためにも分散投資が重要になってくるわけです。

リスクを考えた「分散投資」がおすすめです

分散投資といっても難しく考える必要はありません。まずは、投資資金の中でも、遊ばせておくお金と、投資に実際使うお金を分けるだけでOKです。

次に、投資に実際使うお金でも、時間を分けて投資するのも有効な分散投資です。そして、なにより銘柄分散させることが大事だったりします。

日本株の中でも業種別に投資をするといったことです。日本国内が危うくなることもあるので、海外に目を向けるのも必要になってきます。

このように分散投資を行うことで、適切な資産管理をすることができるわけです。

初心者向け株式ブログ関連記事

※世間に出回る前の最新情報が知れる※無料の情報元リスト株おすすめ銘柄トップ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする