株で失敗しない人の考え方!「儲けるよりも損しない事」が重要!

損失リスク

【チェック!】投資家達が人に言わない「無料の銘柄情報収集リスト」を確認する
いち早く情報を仕入れて利益を出している投資家達が「人に言わない銘柄情報元」をこっそりご紹介しています。

株式投資を行う時には、やはり利益を出して資産を増やす事を考えて取組みを始める方が殆どだと思います。

具体的には「株で儲けてもっとお小遣いを増やしたい」とか、「ゆくゆくは会社を辞めて株のトレードで食べて行きたい」と人それぞれ夢を持って取引きをされています。

株式投資で損をしない人は例外なくこういった様に、リスクを考えて取引しています。

株で失敗しない人は儲ける事よりも損失のリスクを考えています!

その反面、「株式投資はキケンだ」とか「辞めた方が身のため」だと言う人もいますよね。特にこういう方はバブル時代に株の投資を行っていた人が殆どです。

なんでこういう方が損をしてしまったのかと言うと、根本的な考え方が「儲ける事」を前提に取引をしていたからです。

もちろん利益を出す事は大事ですが、株式投資で損をしない為に最も大切な考え方は、「いかに損失を出さないか」と言う事が重要なんです。

株で失敗しない人の考え方は、リスクや損失の方へ目が行っています。

株価が下がってしまった時にどう対処するかを考えなくてはダメ

バブル時代の時には、大した株の知識を持っていない素人投資家がこぞって株取引を始めました。そしてバブルがはじけた後、そういう方達は殆ど大きな損失を出したんです。

それはなぜか?買った銘柄の株価が上がる事は想像していても、逆に下がった時の事を考えていなくて対策を打てなかったのが大きな原因です。

なので、これから株式投資を行おうと言う方は、株価が下がった時の事を考えて売り買いを行う様にしましょう。

銘柄を買う時には「損切り」の基準を設ける事!

前述した様に、購入した株の値段が下がって行った時の対策として「株を購入したら損切りの基準を設ける」事をお勧めします。

例えるならば、購入価格より10%値段が落ちてしまった時には、一度損切りを行って仕切り直しを行ってみたり。

こういった、損切り(ロスカット)のルールを株の購入前にはしっかり検討すべきなのです。この様にしておけば株価が下落しても「10%のマイナス」だけで済みます。

損切りを行わずにズルズル言ってしまうと、バブル時代に損した方の様に大きな損失を出してしまいます。

株式投資を行う時には、こういったリスクやロスカットの事を常に考えて取引を行われる事をおすすめ致します。

※世間に出回る前の最新情報が知れる※無料の情報元リスト株おすすめ銘柄トップ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする