株の売り時のルール作りは大事!【コンスタントに株で稼ぐ秘訣】

株のルール作り

【チェック!】投資家達が人に言わない「無料の銘柄情報収集リスト」を確認する
いち早く情報を仕入れて利益を出している投資家達が「人に言わない銘柄情報元」をこっそりご紹介しています。

株の取引において、買い時を見極めるのはとても難しい問題ですが、売り時に関してはそれ以上に難しい問題になります。

どこまで株価が上昇して、その後どんな事がきっかけで下落に転じるのかなんて、当然誰もが簡単に予測なんて出来ないですよね。

株の売り時は誰もが予測できないので「自分なりのルール」を作ろう

良くお聞きするケースとして、株価が上昇した後に売却すれば利益になっていた状態(含み益)でも、「まだまだ上がる」と考え欲を出してしまい、結果的に株価が下落に転じてしまい含み損の状況に陥ってしまうケースです。

かと言って、含み益の状況の時に早めに利益を確保したとしても、後々株価が伸びて悔しい思いをしてしまうなんて事もしょっちゅうあります。

こう言った目に会わない様に、自分なりのルールを一度作る事をおすすめ致します。

自分なりの売り時ルールの設定方法

自分で「ここら辺で売りに出さなければ」と思って実際に売却を行ってみても、それが絶好のタイミングなんて事は中々ありません。

なので「ベストなタイミング」を厳密に狙うのではなく、「何%株価が上がる」とか「対象銘柄の過去の最大高値を越えたら売る」と言った様な考えを持つ事が重要です。

こういった設定を行う事で、時には「もっと稼げたのに」と思う事も有るかもしれませんが、大きな機会損失も取引字体の利益が飛ぶ事も有りません。

その場での利益より、これから先を見て長い目で稼ぐ事が何より重要なのです。

ルールを決めたら後で修正を加えよう

最初にルールを定めたら、当面はそのルール内での取引を変えたりする事は避けましょう。

ある程度決めたルールで取引を行ってみて、「もっと%を引き上げた方が良い」と感じたら過去の自分の取引データを見て、それで本当に良いのかを確認してみましょう。

また、何よりも株式投資で大事なのは「情報」です。

有益な銘柄情報等は沢山仕入れて、自分の売り時ルールを持って運用していけば、リスクは最小で資産を増やす事も可能ですよ。

※世間に出回る前の最新情報が知れる※無料の情報元リスト株おすすめ銘柄トップ