株の購入前に「売却ルール作り」をするとスムーズに利確出来る!

売却ルール

株の購入前に「売却ルール作り」をするとスムーズに利確出来る!

目次

【チェック!】投資家達が人に言わない「無料の銘柄情報収集リスト」を確認する
いち早く情報を仕入れて利益を出している投資家達が「人に言わない銘柄情報元」をこっそりご紹介しています。

株をスムーズに売却を行って行くポイントとしては、株を買う前に「どんな時に売却を行うのか」シナリオを立てておくべきです。

こういった事を考えずに株を購入しても、売るタイミングを決断できず、中々利確できません。

株を買う前に「売却をする時のルール」を作る!

なので株で取引を行う時には、「株価が○%上がったら売る」「こういう状況になったら売ろう」と言った様な自分なりのルールを定めて置く事が大事です。

こういう様なルールを決めた上で、その条件にになったら機械的に売却を行うと迷いが無く、売りのチャンスを逃す事が有りません。

そういった株を売るシナリオを作るには、「株を買おう」と思った理由から決めていくと良いでしょう。

例えばこういった売却のルールを作ろう

・対象の銘柄に大打撃を与えるニュースや、経営状況に問題を確認出来た時

・株価が狙っていた金額まで上がった時、事前に想定していた形にハマった時

・新商品や新しい事業の先行きが怪しくなった時、新製品の開発が中止になった時

こういった様な物を例にして、株を購入する前にこういった売却ルールを定めましょう。

株の購入動機から売却のルールを想定する

自分なりの売却ルールは「株を購入しようと思った動機」から決めていくのが基本です。例えば下記の様な考え方を参考にされて下さい。

格安が売りの居酒屋チェーンの株を購入した例

株購入の動機

最近一般企業のサラリーマンの給料が下がって来ていて、ネット等のアンケートだと旦那さんのお小遣いも減っているらしい。

そうなると飲む所も格安の居酒屋を選ぶ様になるだろうな。当面は安い居酒屋チェーンが伸びるんじゃないだろうか?

売却する際のルール

購入した銘柄よりも、格安でおいしいライバル企業が現れたら売り時かな。

その他にも、食中毒などの会社へのマイナスなニュースが現れたら売却する様にしよう。

今回は、株を購入する前に、売却のシナリオを作る重要さを取り上げました。御参考にして頂ければと思います。

※世間に出回る前の最新情報が知れる※無料の情報元リスト株おすすめ銘柄トップ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする