株でロスカットの目安を設定するにはどの位を考えたら良いの?

損切り

【チェック!】投資家達が人に言わない「無料の銘柄情報収集リスト」を確認する
いち早く情報を仕入れて利益を出している投資家達が「人に言わない銘柄情報元」をこっそりご紹介しています。

株で投資を行う時、どのくらいの損失が出たらロスカットをしたらいいのかという点が難しいところですよね。

損失が多ければ、その損失を埋めるのが大変です。

かといって1%や2%程度でロスカットをしていたのでは何度もロスカットをすることになり、結局損失がかさむことになります。

株式投資でロスカットの目安はしっかり決めよう

ロスカットの目安は人によって違いますが、10%程度が妥当といえます。

10%以上の損失となると、この損失を埋めるのに多くの時間がかかります。しかし、10%以内の損失なら堅実な取引をすれば比較的短時間に取り戻せる損失です。

10%を越えた損失を簡単に埋められるかどうかは個人差があり、経験が豊富な方は比較簡単に埋められても、初心者の方にとって10%は一つのボーダーラインでは無いでしょうか。

取引に自身の無い人は損切を低めに設定するのも有り

取引きに自信が無い方は、もっと低めの設定をするのも有りです。つまり損切りの目安を決めることが大切です。

自分は普段どのくらいの利益を平均的に出しているのか、このくらいまでなら損失を短期間で埋められるといった基準により目安を決めることが大切です。

このロスカットを高めに設定してしまうと損失が出た時の精神的な負担が大きく、ロスカットができなかったり、その損失を埋めるために無理な投資をしてさらに損失を大きくしてしまうこともあります。

損失が出た時には迷わず思い切って損切りを行おう!

また、ロスカットを小さく設定してしまうと、無駄なロスカットが増えてしまい、なかなか利益が増えないということにもなります。

ロストカットの目安を決めるときには精神的な負担も考え、精神的に重すぎず、軽すぎずといった目安を決めることが大切です。

適切な目安を決め、その目安に当てはまる損失が出た場合には迷わず損切りをすることが大切です。

損切りができず塩漬けになってしまっては利益を得ることができません。

損切りをすることで、新たに投資をすることができ、利益を得るチャンスをつかむことができるのです。

こういった様に、取引を行う時には事前に損切りの目安を設定してから始める様にしましょう。

※世間に出回る前の最新情報が知れる※無料の情報元リスト株おすすめ銘柄トップ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする