景気が良いと株で儲かる仕組みと影響をわかり易く解説!

景気が良い時

【チェック!】投資家達が人に言わない「無料の銘柄情報収集リスト」を確認する
いち早く情報を仕入れて利益を出している投資家達が「人に言わない銘柄情報元」をこっそりご紹介しています。

良く景気が良くなってくると、「日経平均株価」が上がったとか、儲かっているトレーダーの話題になったりしますよね。

けれど、実際にどういう銘柄が景気が良くなると上がり易いのか?そしてどういう仕組みで景気と株価は連動しているのかって思った事ありませんか?

今回はそういった、景気が良いと株で儲かる仕組みと関係性について詳しく解説致します。

景気が良くなると株価が上がる仕組みと銘柄への影響

景気が良い時は当然サービスや物が売れやすくなりますよね。

売り上げが増えると、企業の利益も比例する様に伸びて行きます。すると、働いている人のお給料も増えて更に購買意欲が高まると言った、プラスのスパイラルが出来る状況です。

こういった様に景気が良くなると企業の業績が良くなって、多くの銘柄の株価が評価されて上がって行きます。

そうすると、市場全体の株価の動きを示す日経平均株価やTOPIXなども値もどんどん向上して行きます。

景気に左右されない銘柄「ディフェンシブ株」

けれども、中には景気と因果関係の無いサービスや商品を扱っている銘柄も中には有ります。

例えば、薬品関係の会社とかは景気に関係なく必要な商品です。景気が悪くても良くても病気になる人はどんな時期でもいますよね。

こういった様に、景気に影響されてない商品やサービスを扱っている銘柄の事を「ディフェンシブ株」と一般的に呼ばれます。

景気が良い時には基本的に注目されずひっそりとしていますが、逆に景気が悪くなると一気に注目されて株価が上がったりします。

景気が良くなると活発化する「景気敏感株」

上記のディフェンシブ株とは対照的に、景気に大きく影響される銘柄の事を「景気敏感株」と言います。

どういった様な銘柄が影響受けるかと言うと、鉄鋼や化学系等の物の原材料になる株や、機械などのメーカーが主な銘柄です。

原材料系のメーカーなどは、当然物が売れればそれだけ企業も製造するペースを増やさなくてはいけません。なので原材料の需要がドンドン高くなり業績と株価は上がって行きます。

機械を作っている会社等は、景気が良くなってくると多くの企業の利益が上がるので「設備投資」を行おうと言う会社が増えてきます。

なので工場の機械を新調したり、業務効率化を図る様な機材が売れやすくなるのが大きな要因です。

景気の底入れの見え始めが買い時!

基本的には、こういった銘柄を仕込むタイミングは輸出量が増えて来たり、在庫不足がニュースで出る様になって来たりした「景気の悪化に歯止めがかかった」と思えるタイミングです。

こういうサインが出始めた時から、株価は上昇して行くと言われています。

なので皆さんが普段目にしているニュースや新聞等にも、こういったサインは沢山隠れていますので見逃さない様にされて下さいね。

※世間に出回る前の最新情報が知れる※無料の情報元リスト株おすすめ銘柄トップ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする