長期投資と短期投資それぞれの株の売買の考え方まとめ!

短期投資と長期投資

【チェック!】投資家達が人に言わない「無料の銘柄情報収集リスト」を確認する
いち早く情報を仕入れて利益を出している投資家達が「人に言わない銘柄情報元」をこっそりご紹介しています。

株式投資を始める方の誰もが、「お金を増やしたい」と言う気持ちから取引きを始める物です。

目的は一緒ですが、人それぞれどんな風にお金を増やすのかは、考え方が違う物ですよね。

長期投資と短期投資は全く売り買いのタイミングも考え方も違う

長期的にのんびり資産を増やしていきたい」と言う方もいれば、「短期間で資産を何倍にもしたい」と言った積極的なタイプの方もいらっしゃいます。

この様な「長期投資」と「短期投資」では、基本的に株の売り買いの考え方が異なります。なので注文のタイミングや銘柄の選定基準も違うのです。

長期投資、短期投資それぞれの投資に対する考え方

ではそれぞれの投資スタイルで、どう株の取引きを進めて行ったら良い物なのか?ちょっとまとめてみました。

長期投資ではじっくりと長く付き合える銘柄を選ぼう

長期的な株式投資では、数か月、数年後に大きく成長して行きそうな銘柄を選んで、株価が値上がりをする前に買いためておくのが基本的なスタイルです。

いわゆる「貯株」と言った様な考え方になります。

株を購入したら、対象企業の成長を見つつじっくりと株価が上がっていく事を狙うスタイルなので、安定している事と長く付き合って行ける会社を選ぶ事がとても重要です。

「稼ぎたいから」と言う考え方では無く、「自分に子供が就職したら安心する企業の株」を選定する位に考えるのが良いと思います。

なので、IT関連等のスピードの速い会社では無く、インフラ関連など安定している銘柄を狙うケースが多いです。

短期的な投資では「急騰が期待できる」銘柄を狙う

短期投資で重要な考え方としては、これから急騰する様な株を見つける事がとても大事です。

企業の実力云々は関係なく、一時的な株価の上下であっても、売り買いのタイミングさえ見極められれば利益を出す様なスタイルです。

けれども、こういった短期取引の場合には、初心者の方だと結構痛い目に会ってしまう事も。

なので初心者の方は、狙うべき銘柄や売り買いのタイミングを教えてくれる情報源から取引をされる事をおすすめ致します。

注目されている業種で急成長している様な銘柄だったり、テクニカルな面で有望と言える様な株を狙って行くのがポイントです。

※世間に出回る前の最新情報が知れる※無料の情報元リスト株おすすめ銘柄トップ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする