WBC(ワールドベースボールクラシック)で株価はどう動く?4つの銘柄選びのポイント

WBCと株価

WBCで株価はどう動く?4つの銘柄選びのポイント

<目次>

【チェック!】投資家達が人に言わない「無料の銘柄情報収集リスト」知ってます?
いち早く情報を仕入れて利益を出している投資家達が「人に言わない銘柄情報元」をこっそりご紹介しています。相場が動いている時に知りたい無料情報を3つだけ公開しています。

投資家達が人に言わない「無料の銘柄情報収集元3つ」を確認する

WBC(ワールドベースボールクラシック)は経済面にも大きな影響をもたらす?

WBCは4年に1度の開催で今年が4回目になります。第1回と2回大会はご存知のように日本が優勝しました。

日本がベストメンバーだったのに対して、韓国を除く他の国はベストメンバーではなかったということも取りざたされたのですが、年々その人気は高まってきていて、今回の第4回大会は各国ともかなりのメンバーを揃えてきており、世界的にも注目されています。

ワールドベースボールクラシックと株式市場

反対に日本の戦力は最強メンバーとは言い難いものです。それはMLBに所属する日本人選手がアストロズの青木選手以外、誰も参加していないことを表明して大きなニュースになっています。

毎日の様にYahooニュースで記事が取り上げられている様に、多くの方が注目しており同時にスポンサー企業も多く参加する見込みです。

従って、経済面でもWBCは大きな効果が見込めます。

WBCは日本での話題性も高く、野球好きの国民性もあって日本チームの全ての試合はテレビ放送があるでしょう。

そうなると、CM提供している企業の露出度は高く、商品の売れ行きにも大きな影響が現れるはずです。

CMだからチャンネルを変えるという人は少ないでしょうから、テレビ放送のスポンサーである企業は大きな影響を受けるのは間違いありません。

視聴率も高くなることが予想されていますから、単純にその影響度は計り知れないものがあると言ってもいいでしょう。

過去のWBCでは日経平均株価が832円も上昇!結果次第では市場が大きく動く

WBCと日経平均株価

野球人気の高い日本ですから、WBCの結果で国内経済に及ぼす影響は決して小さくありません。

第1回の大会が行われた2006年では、大会期間中の日経平均株価が832円も上昇したのです。

もちろん、それだけではなく、その年のプロ野球の観客動員数もうなぎのぼりでしたし、広告費や関連グッズの売り上げも上々でその年は1年間にわたって野球関連の売り上げはものすごく経済への波及効果は364億円に上ったと推計されています。

もちろんこの年は日本が優勝しています。さらに第2回大会も優勝したのですが、このときも大会期間中は日経平均株価が1054円も上昇しているのです。

日本が負けるとここまでの株価上昇はなかったでしょう。

なぜ投資家達は利益を出せてるのか?理由を知りたいあなたへ

なんで投資家達は株で簡単そうに利益を出す事が出来るんだろう?

理由は安定して利益を出している投資家は「新鮮な銘柄情報」を必ず毎日チェックしているからです。

>>投資家達がチェックする「新鮮な無料銘柄情報3つ」とは?

現在の株価はなかなか2万円台の大台に乗せることが出来ない状況が続いています。

日本がWBCで早期敗退してしまうと株価が落ち込むの?

WBCの敗退

日米首脳会談の結果次第で一気に大台に、という期待もあるのですが、それ以上に期待されているのが今回のWBCの結果でしょう。

日本が優勝することになれば一気に株価が千円アップということになり、余裕で株価が2万円台になることは確実視されています。

もっとも、今回は有力な選手が軒並み出場していません。

第3回大会はベスト4止まりだったので、株価の劇的な上昇ということはありませんでした。

そのことから、早期敗退ということになると株価の下落も心配されますね。

今回のWBCで注目したい銘柄は?ミズノやアサヒがおすすめ!

WBCのスポンサー

侍ジャパンのユニフォームを提供しているミズノがイチ押しでしょう。プロ野球選手との専属契約は12球団を網羅しているという強みもあります。

総合スポーツ用品メーカーとして株価も常に強気な攻めとなっているのですが、WBC開催期間中は過去の例から見ても軒並みアップしているので、WBC関連銘柄としては一番の注目株と言えます。一方底値が見えづらいので劇的に利益を上げるという魅力に乏しいのが唯一のデメリットかもしれません。

長く持ちたい銘柄ではあるのですが、瞬間的に上がるときにすぐに売り切る勇気が必要になる銘柄でもありますね。

他には飲料メーカーとして、アサヒグループホールディングスがあります。侍ジャパンのオフィシャルパートナーですから、至る所で飲料の広告やCMを見ることになるでしょう。

明治ホールディングスは侍ジャパンの栄養サポートパートナーです。

欠場を発表した大谷翔平選手は明治のスポーツサプリ「ザパス」のアドバイザリー契約選手でしたが、現在のところ株価に影響は出ていないようです。

WBC等で急騰しそうな銘柄は無料情報などから仕入れよう

WBCの銘柄

良くWBCを始めとした、世間が注目する様なイベントが有る時には株価は当然動きます。

そういったタイミングで、あまり多くの人が目に付けていない様な銘柄を狙うのであれば、高額セミナーなどに参加するのではなく、まずは信頼できる無料の情報元をいくつか確保する事です。

下記にはそういった、投資家達が仕入れている情報元を3つ公開しています。

こういった信頼できる情報元を参考にして、良い取引を行う様にされて下さいね。

※知らないとまずい※投資家が仕入れている無料の銘柄情報株おすすめ銘柄トップ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)