オリンピック関連株でこれから注目したいのはどういう企業?

オリンピック関連株

2020年に東京でオリンピックが開催されることとなり、オリンピックに向けて投資するべき銘柄を探している人も多いと思います。

すでに2015年です。2020年まであと5年ですね。すでにオリンピックに向けて工事が開始されており、代々木界隈や豊洲のあたりも開発が進んでいます。

オリンピック関連銘柄は急騰は中々無いかもしれませんが、安定してこの先5年は成長を続けて行くと思います。

実際にどういう業種がオリンピックと関係があるの?

では実際にオリンピックの恩恵を受ける銘柄はどこなのか?まずはすでに着工が始まっている国立競技場改修といった点で建設株は好調といえます。

インフラ整備は5年先まで行われるので、オリンピックまでは伸びていく株に入ります。

また、外国人観光客の増加も期待できるので、旅行会社や航空会社は利益を期待できる株銘柄といえましょう。

もちろん、国内での移動も見込めますから、鉄道関連も利用者増を見込めます。移動が増えることにより、ホテル業界なんかも活発になってきそうです。

最近元気の良い小売も、オリンピックに向けてさらに業績を上げてくる可能性が高まっています。

まだそこまで注目されていない、オリンピック関連業種

その他に関係が有りそうな業種としては、こういった物も有ります。

オリンピックで使用される道具やユニフォームの受注もあるでしょうから、スポーツ用品メーカーもオリンピック関連銘柄といえます。

アシックスやミズノといったスポーツ用品メーカーから、ルネサンスといったフィットネスクラブも注目です。

スポーツを始めるとなれば、初期投資も必要になりますから、ゼビオ等のスポーツ系の小売も期待できる株銘柄となります。

また、オリンピックは東京開催なので、東京に土地がある企業は資産の含み益が増えるということがあります。

東京ドームなんかも密かに含み資産銘柄の一つです。東京の中でも特に湾岸エリアの土地を持つ企業の株は注目が集まっています。

株式投資ニュース関連記事

※世間に出回る前の最新情報が知れる※無料の情報元リスト株おすすめ銘柄トップ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする