お盆の時期の相場や株式市場の動きは鈍くて動きづらい!

お盆休み

【チェック!】投資家達が人に言わない「無料の銘柄情報収集リスト」を確認する
いち早く情報を仕入れて利益を出している投資家達が「人に言わない銘柄情報元」をこっそりご紹介しています。

この暑いお盆も近い時期、保有している銘柄や気になっている銘柄の値動きが気になるものです。

相場では季節によって、決まった動きを示すことが多くあります。

例えば8月のお盆時期では、市場での取引量が少なくなる傾向があります。

お盆前後の時期の相場ってどういう動きになるの?

この状況を夏枯れ相場、お盆閑散相場と呼ばれることもあり、投資家がお盆休みや夏休みに入り、取引量が低下します。

市場自体は土日以外は空いていてしっかりと動いていますが、どうもこの時期は取引はめっきり少なくなります。

やはりいくらトレーダーと言えども、お盆休みなどには実家に帰りたい物ですよね。

季節的にはゴールデンウィーク過ぎから動きは軟調になる

また、3月には株価が下落しやすく、4月に入ると株価が値上がりしやすいという傾向もあります。

これは、機関投資家が本決算を控え保有している株を利益確定のために売りに出すことから3月には株価が値下がりしやすくなります。

なぜ投資家達は利益を出せてるのか?理由を知りたいあなたへ

なんで投資家達は株で簡単そうに利益を出す事が出来るんだろう?

理由は安定して利益を出している投資家は「新鮮な銘柄情報」を必ず毎日チェックしているからです。

>>投資家達がチェックする「新鮮な無料銘柄情報3つ」とは?

また、4月は本決算が終わり、株の購入に入ることから株価が値上がりしやすくなります。

この4月の買いはゴールデンウィーク付近まで続き、ゴールデンウィークを過ぎると株価が軟調になるという傾向もあります。

このように、株式市場に参入している投資家のライフスタイルを表す様に、大型の連休などの際には株は売り買いをあまりされないみたいですね。

株価は季節要因以外にも様々な理由によって変動する

こういった様に株価は企業の業績だけでなく、季節要因や様々な要因によって変動をしています。

自分が保有している銘柄だけに注目をするのではなく、市場全体の動きに注目することにより、安定した利益を確保することが可能です。

こういった国内の連休の動向に目を向けたり、海外の国の動向によっても、株価が変動することもあります。

丁度この間ギリシャの様に国の財政が悪化することにより株式市場にも影響を及ぼすことがあります。

海外の事なので通貨だけが影響を受けるような感じがする方もいるかもしれませんが、日本の多くの企業が海外に進出し、様々な国と関わっています。

株式投資をする際には、こういった様に様々なことに興味を持つことが大切です。

銘柄等の情報も率先して無料の物は取得されたりする事をおすすめ致します。

※知らないとまずい※投資家が仕入れている無料の銘柄情報株おすすめ銘柄トップ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)