外国株の投資がおすすめな理由!取引の際の買い方や注意点

外国株

外国株の投資がおすすめな理由!取引の際の買い方や注意点 目次

【チェック!】投資家達が人に言わない「無料の銘柄情報収集リスト」を確認する
いち早く情報を仕入れて利益を出している投資家達が「人に言わない銘柄情報元」をこっそりご紹介しています。

日本の株でも充分に利益を出せていないのに、海外の株なんて私にはまだまだ早い・・・。そう思われる方も多いと思います。

外国株の投資は簡単でおすすめな投資方法です

けれども、実は皆さんが想像しているよりも外国株の売買は、難しくなく簡単です。

例えばネットの証券会社を選べば、アメリカの株等は国内の株取引と同じ位にすんなり売買を行えます。

もちろん英語が出来る方なら現地の証券会社と直接取引を行う事も可能です。

外国株を取引きする為の3つの方法

おもな外国株の取引きを行う方法は、下記の3つの方法が有ります。

海外委託取引

ネット等での証券会社経由で、海外の市場に注文を出す方法です。現地で上場している銘柄ならほとんどの企業の株取引が可能です。

ただ、現地の通貨でもちろん売買するので、為替差損の恐れが有るので若干の注意が必要です。

国内委託取引

証券取引所内の外国部に上場している銘柄のみ、取引を行う事が可能です。

国内銘柄と同じ様に売買できますが、取り扱える銘柄が非常に少ないのが難点。

国内店舗取引

証券会社の保有している株を売り買い出来る方法です。こちらは証券会社が持っていない銘柄は買えません

外国株の取引きを行う魅力やメリット

海外の株取引きを行う魅力は、なんといってもアップルやGoogleと言った、国内では上場していない銘柄を購入する事が可能な事です。

基本的に外資系企業は、日本法人の株式公開をしたがりません。なので株の購入は、本国の株を購入するしかないケースが多いのです。

また、外国株の特徴として単位株と言う物がありません。1株から購入する事が可能なので、少額から取引を行えます。

海外の株を取引きされる際の注意点

外国の株式投資で注意して欲しい点ももちろん有ります。

何より海外の株は日本の物と違い、情報収集がとても難しくて急な値動きの対応が遅れてしまう事が有ります。

その他にも、株の注文時間や売買時間が違ったり、円と現地通貨のレートにより為替差損が生まれてしまう事も有るので注意ですよ。

※世間に出回る前の最新情報が知れる※無料の情報元リスト株おすすめ銘柄トップ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする