株の分散投資を行う時に失敗しない銘柄の組み合わせや考え方!

分散投資

株の分散投資を行う時に失敗しない銘柄の組み合わせや考え方 目次

【チェック!】投資家達が人に言わない「無料の銘柄情報収集リスト」を確認する
いち早く情報を仕入れて利益を出している投資家達が「人に言わない銘柄情報元」をこっそりご紹介しています。

どんなに銘柄を選んで投資を行ったとしても、選んだ銘柄の業績が悪ければ株価は大きく下降してしまう物です。

けれども、どの銘柄も同じ様に株価が下落する訳ではもちろん有りません。

なので、投資銘柄は分散して購入すればリスクを減らす事が可能です。

投資リスクを減らす為に分散して銘柄は選ぶ様にしよう!

例えるなら、自動車関連や電機製品などの輸出産業と言われている様な株は、円高になった時には為替の影響をもろに受けてしまい、利益は下がってしまう物です。

けれども円高だからと言って、全ての企業の利益が落ち込み、株価が下落する訳では有りません。

原材料を海外から輸入している様な、製紙業や食品関連、輸入会社等は円高になると原材料や商品を安く仕入れる事が可能で利益は向上します。

分散投資を行う際には、違う値動きをする業種を選ぶ事が重要です

円高、円安等同じ事柄が起こっても、儲かる会社と損する会社は有るので、投資する銘柄は複数に分けて分散するのがおススメです。

けれどもこういった様に、投資する銘柄は複数に分けると言っても、まったく同じ業種や似た様な所ではもちろん意味が有りません。

銘柄を分散して投資する際には、しっかりと業種や値動きの特徴が違う業種を組み合わせる事がとても大事です。

分散して銘柄を選ぶ時に参考にしたい株の組み合わせは

ではどういった銘柄同士が違う動きをするのでしょうか?

例えば電気メーカー等の「ハイテク株」と言われる銘柄と、建設不動産等の「内需株」は全く違う動きをする事が多いです。一方が下がれば一方が上がると言っても良い位です。

なのでこういった、ハイテク株と内需株を組み合わせたり、その他にも前述した様な「輸出企業株」と「輸入企業株」を組み合わせて購入する事もおススメですよ。

分散投資を行うパターンはいくつかあります

業種を分散して投資を行うほかにも、分散投資を行うパターンはいくつかあります。

例えば市場自体を分散してしまうパターン。安定企業の取り扱いが多い東証一部の銘柄と、ジャスダック等のベンチャー系企業の銘柄を組み合わせて購入したり。

その他にも、一つの銘柄でも一度に株を購入するのではなく、「時間を分散」させて購入してリスクを分ける方法も有ります。

ちょっと不安かも?そう思う方はこういった様に、分散投資を実践してみてくださいね。

また、銘柄選びに迷った時には下記の様な、これから上がる株の銘柄情報を参考にされるのもおススメです。

※世間に出回る前の最新情報が知れる※無料の情報元リスト株おすすめ銘柄トップ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする