天皇が退位した時の株価への影響&2つの注目銘柄ご存知ですか?

天皇退位天皇退位がもう目前!株式への影響が気になっている方へ

4月30日の天皇退位に向けて、これから市場はどう動くんだろう?

元号が変わる事で、株価が上がりそうな業界はあるの?

昭和天皇から平成天皇に変わる時、どんな変化が有ったんだろうか?

こういう事が気になって、色々調べている方も多いのでは無いでしょうか。

このページではそういった、天皇が退位するにあたり株式市場にどんな影響があるのか、伸びる業界などについて詳しく解説していますのでご参考ください。

株のおすすめ銘柄
≫ 投資家達が参考にしている『世間に出回る前』の無料銘柄情報3つを確認する

天皇が退位すると株価が動く?注目すべき業界は印刷関係

天皇退位で注目すべき印刷業界

今の天皇陛下が退位されると、そんな株価に影響が有るのか?

そう思われる方もいるかも知れませんが、天皇退位となると全ての日本人に影響が出るのが元号です。

元号が変わるのはそれに関連する全ての業種に影響が出ると言っても過言ではありません。

一例を出すと、元号が変わるということは企業のパンフレットや印刷物等を入れ替えなくてはいけません。印刷業界に影響があるのは間違いありません。

ただ今回はあらかじめ元号変更される時期が分かっているのでピークは小さく、なだらかに株価が上昇していくのが予想されます。

関連銘柄としては、カワセコンピュータサプライ <7851> 、野崎印刷紙業 <7919>、図書印刷 <7913>、大日本印刷 、凸版 <7911>といった印刷関連会社が、天皇退位の発表によって大きく株価が動きました。

もう一つ、インク業界では、DIC<4631>が2.4%高となったのも注目されました。

過去の事例はどうだった?昭和天皇が崩御された時の株価の動き

昭和天皇が崩御した時の株式市場

では実際に、過去の事例はどうだったのか?

昭和天皇が崩御されたときは株式市場が急騰しました。

昭和天皇崩御は1989年1月7日土曜日の早朝だったのです。世はバブル期真っ最中ですから、そのあおりもあったことでしょう。

まさにビバレッジがかかったかのように株価が上がったのです。

翌営業日となる1月9日月曜日の日経平均は、天皇陛下崩御の自粛明け後となって経済波及効果を期待し、469円高となる30678円と急騰しました。

さらに翌10日でも328円高、さらに11日で137円高、12日は変わらずで、13日は155円高と1週間の上げ幅は1088円高で、率にすると3.6%高となったのです。

天皇陛下崩御のニュースでこれだけ市場に影響を与えることをよく考えなくてはいけません。

昭和天皇のときはある程度予測されているとしても、市場は動揺しました。

それが、今回の場合は時期がわかっているだけに、急騰というのではなく、なだらかに株価が変動し、それがどのように影響するのかを注視していく必要があります。

ネット等の銘柄情報を見て売買するのはもう遅い?

利益を出している投資家はなぜ優良銘柄で売買できるのか?

それは当たり前ですが、「世間に出回る前の新鮮な銘柄情報」を必ず毎日チェックしているからです。

>>投資家達がチェックする「新鮮な無料銘柄情報3つ」とは?

新元号に変わった時に影響が有りそうな業界は印刷関係だけじゃない!

新元号で株価が上がる業界

株式市場では過去のイベントで動いた銘柄を覚えておくことで、新たなイベント時に動く銘柄をすることができます。

いつでも一歩先を見据える習慣を身につけるようにしたいものです。

今上天皇の退位の時期はわかっているので、そのときに大きく影響があるというものはないでしょう。

どちらかというと、新しい元号が発表される時期のほうが大きいと考えられます。

これは、政府にしても事前にリークされないように徹底することは間違いありませんから、元号発表時のインパクトはかなり大きなものがあるでしょう。

そのタイミングで、印刷業界はもちろん、印刷機械を製造する業界、イベント業界、システム関係の株価は注目したい所です。

実際にどの銘柄を注目しておけば良い?新元号になった時に動く銘柄

新元号でおすすめな銘柄

影響が有る業界は分かったけれども、実際にどの銘柄に注目しておけば良いのか?気になる所ですよね。

注目しておきたい銘柄は、下記の2つです。

三浦印刷<7920>

時価総額60億弱で商業・事務用印刷の会社です。

業容としては、中堅の印刷会社である三浦印刷 <7920>ですが、商業印刷や事務用印刷を事業の柱としています。

元号の変更が特需を招く可能性が大いにあることでおおいに注目されています。

大手のほうが大きいのでは?と考える人が多いと思いますが、株価が大きく動くことを考えるのであれば、大手よりも中堅の会社のほうが株価は大化けします。

2017年1月12日終値で、価総額が約59億円と小ぶりであり、東証2部銘柄なだけに、短期資金に狙われやすい側面も否定できません。

この三浦印刷は、今後の値動きに注目したいところです。

底堅い経営手腕を持つ優良企業ですから、株価が落ちることは考えられず、大化けする可能性大の印刷会社です。

光村印刷 <7916>

もう一つあげると、光村印刷ですね。特殊加工が得意な商業印刷会社です。

光村印刷 <7916> は一般的な商業印刷やビジネスフォーム、さらには出版印刷などのほか、新聞の受託印刷も扱っている中堅の印刷会社です。

特にコピーの世界で、一目で複製と判断できる特許技術や、特殊インキを使ったマイクロ文字、そしてホログラムなどを組み合わせた高度技術など、偽造防止用印刷加工技術分野で評価が高い会社です。

ビジネス関係の印刷物で、同社が特需の恩恵を受ける公算はかなり大きいです。

平成天皇退位にまつわる株式投資の基礎知識をまとめると…

天皇退位による影響まとめ

  • 天皇が退位する時に影響が一番大きいのは印刷業界
  • 昭和天皇が崩御された時には、株価は高騰した
  • 元号が変わる事により、イベント関係や機械関係の銘柄も注目したい
  • 三浦印刷<7920>や光村印刷 <7916>等の中堅どころがおすすめ銘柄

こういった様に、平成天皇が退位される時には色々な影響が有る事が推測されます。

しかし、印刷関係等はもう既に目を付けられている所なので、大化けまでは難しいでしょう。

けれども、一部の投資家達は抜け目なくこういうイベント時には利益を確定します。

そういう一般には中々出回らない『無料の株式情報3つ』を下記には限定公開していますのでご参考下さい。

※世間に出回る前の最新情報が知れる※無料の情報元リスト株おすすめ銘柄トップ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする