トレンドラインの引き方を覚えて株で稼ぐ!簡単なチャート分析方法

トレンドライン

とても簡単ですが実用性の高い株取引のチャートの分析方法、「トレンドライン」の引き方を今回はご紹介致します。

ローソク足を直線で結ぶだけの簡単な分析方法ですが、これを引くだけで株がどういうトレンドなのかを一発で読み取る事が可能です。

【Point!】投資家達が人に言わない「無料の銘柄情報収集リスト」知ってます?
いち早く情報を仕入れて利益を出している投資家達が「人に言わない銘柄情報元」をこっそりご紹介しています。

実用性の高い株のトレンドラインの引き方

基本的にトレンドラインの引き方は、チャートを見た時に高値と安値のそれぞれ二点を決めて一本の線を引きます。

もっと詳しく言うと、最初に最も下がった底値と、二回目に最も下がった株価の底値の部分を点として考え、これを線で結びます。そしてその線を延長させて右上がりなのかそれとも右下がりなのかでトレンドを判定します。

これを「下値支持線」と言われています。

逆に、チャートグラフの最初に最も上がった高値と、二回目の高値の曲線の頂点を線で結んだものを「上値抵抗線」と言います。

トレンドラインから読める相場の流れ

上記の様に下値支持線もしくは上値抵抗線を見て、それぞれが右上がりで有れば「上昇トレンドライン」と呼ばれます。そして株価自体が下値支持線よりも上に来ている時は、相場が上昇傾向である事と判断できます。

それとは逆で、右下がりだった場合には「下降トレンドライン」と言われて、その時は上値抵抗線を見ます。そして株価が常にそれより下に位置している場合は先ほどとは反対に、相場が下降傾向である事が判断できるのです。

また、時には右上がりでも無く下がっている訳でもない時が有ります。こういう時はどう見れば良いのでしょうか?

そういう時にはもっと線を引く期間を長くして分析してみましょう。長く選を引く様にすれば、どちらに傾いているのかを知る事が出来るハズです。

株価が支持線と交差している時は転換期のサイン!

株価チャートが支持線とクロスしている時は、一般的に「相場の転換時期」と言われています。

上がり続けていた相場だった場合にはそれを機会に下降する様になり、下がっていた相場だったならそれを機会に上がる様になります。

これらの事を分析して、いつ株を買ったら良いのか、逆にどのタイミングで株を売れば良いのかを判断する事が出来る様になります。

初心者の方はなるべく上昇トレンドラインの時に複数売り買いはしよう!

こういった事である程度トレンドを読めるようになりますが、基本的に初心者の方は下降トレンドラインの時には複数売り買いはしない様にしましょう。

と言うのも、上昇トレンドの時には気持ち的に安心して取引を行えるものです。逆に下降トレンドの時には気持ちがネガティブになるので正確な判断が出来ない時があるんです。

なのでビギナーの方が複数回売り買いをされる際には、上昇トレンドラインの時に行う様にされて下さいね。

株の攻略法まとめ関連記事

※世間に出回る前の最新情報が知れる※無料の情報元リスト株おすすめ銘柄トップ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする