安すぎる株は倒産リスクが高い!格安銘柄を狙う正しい取引手法!

安すぎる株

【チェック!】投資家達が人に言わない「無料の銘柄情報収集リスト」を確認する
いち早く情報を仕入れて利益を出している投資家達が「人に言わない銘柄情報元」をこっそりご紹介しています。

例え上場していると言っても、倒産してしまう会社だって中には存在します。

当然そういう企業の銘柄を持っていると、倒産と同時に株式は何の価値も無くなってしまうのです。

なので株を選ぶ時には「値上がりしそうな銘柄を仕込む」事はとても大切では有りますが、何より倒産リスクが高い銘柄を選ばない様にする事もとても重要なポイントです。

安すぎる株は倒産リスクも高い?

基本的に倒産リスクの高そうな企業を見分けるポイントとして、こういった事が挙げられます。

  • 大きい額の借金をしている
  • 株価が安すぎる
  • 業績が伸びていない
  • 近年多額の赤字を出している

株価が異様に安いと判断する基準と言うのは、例えるなら株価自体が二ケタの物です。

おかしい位に株価安いと言う事は、投資家達が購入を踏みとどまる何かしらの要因が有ると考えて良いでしょう。

安すぎると倒産リスクが有るのを承知でハイリターンを狙う人も!

けれども、時にはこういった倒産リスクを承知した上で、ハイリターンを求めて株価の安すぎる銘柄に投資を行う投資家も中にはいます。

多くの投資家達に倒産すると見込まれている銘柄が倒産せずに済んだ時、株価は元の値段の十倍以上を付ける事だって頻繁にあります。

倒産リスクの有る格安銘柄を狙って利益を出すポイント!

こういうハイリスクハイリターンの投資を行う時の手法しては、株価が大きく売りこまれた場合に、中低位株の銘柄をいくつか同額で購入を行い塩漬けを行う手法が有ります。

この手法では複数の銘柄を購入する事で、リスクを最大限に減らしています。

例えば100万円で10銘柄に10万円ずつ投資を行ったとします。結果的に3社倒産してしまいましたが、7社は息を吹き返し株価がそれぞれ3倍になりました。

この場合、トータルの株価が210万円となり、倒産分を見事帳消しにした上で利益を作れています。

こういった「安すぎる銘柄」を仕込む際のベストな時期は?

ではこういった銘柄を狙うのは、ちょっとした信用不安が世の中で起こった時に仕込むのが一番良いタイミングです。

けれどもリーマンショックレベルの規模だと軒並み倒産する事が有るので、「ちょっとした」と言う部分がポイントです。

また、初心者の方等は中々こういった安すぎる銘柄を選ぶのはちょっと注意が必要です。まだ取引に慣れていない方は、下記の様な所から無料で情報収集を行いましょう。

※世間に出回る前の最新情報が知れる※無料の情報元リスト株おすすめ銘柄トップ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする