天井を示すチャートパターンのサインは見逃さない!詳しい見方を解説

天井のチャートパターン

株価の天井を察知する事が出来れば、売り買いを行うにあたって有利に進める事が可能です。そんな天井をどうやって察知すれば良いのか?

最もポピュラーに投資家達が行っているのは天井を示すチャートパターンとサインをしっかり把握しておくことです。

チャートの山を見て天井を知ろう

ここではそんな天井を、株価チャートの山を見て判別する方法をご紹介します。ビギナーの方でもチェックしやすい方法なので、身に付けてみて下さいね。

精度の高い天井のサイン「三尊天井」

三尊天井のチャート図1の様に、株価の天井圏で3つの山を形成してから株価を下げていくパターンが有ります。これは投資家の間では「ヘッド&ショルダー」とか「三尊天井」等と言われています。

この形は山が3つあり、真ん中の山が際立って高くなっているチャートになります。

天井圏のチャートサインは色々と有りますが、この形が出た後にまた山が出来る様なパターンは殆ど無いと言われる、信頼度の高いサインです。

三尊天井のチャートが見えた時の売り買いのタイミング

なのでこういった物が見えてきた場合には、3つめの山のタイミングで株を手放す事がとても大事です。

こういったサインは大きく出る物も小さい物もあります。小さく見える物に関しては「一定の株価を抜けずに変動している時は売り」と判断するのがベストです。

2つの山が現れる「ダブル天井」のサイン

ダブル天井ここで紹介するダブル天井と言うのは、多くの銘柄の天井時に現れる、頻繁に目にする事の有るチャートサインです。

見方としては、一度天井に付けて下がった株価がまた天井付近に来て、山を二つ形成した形になります。(図2)これが現れたチャートは徐々に株価を下げる傾向に有ります。

ダブル天井を付ける銘柄は「やりやすい」事が多い

基本的にこういったサインを表す銘柄は、段々と株価を上げていって2つの山を付けた後、株価上昇の力を出し尽くして下がっていく流れになり、売り買いの読みやすい銘柄と言えます。

急激に上下する様な銘柄だとタイミングは取れませんが、こういうサインを出す銘柄はタイミングを取りやすいはずです。

基本的には「2つの山」の天井パターンが多い

今回は2つの山と3つ山から天井のパターンを知るチャートの見方をご説明いたしました。

3つの山を付けなければ株価上昇の力が弱まらない銘柄も有りますが、基本的には2つの山で天井は終わると考えて取引をされるのが良いでしょう。

くれぐれも天井圏で株は買わない様にしてくださいね。

※世間に出回る前の最新情報が知れる※無料の情報元リスト株おすすめ銘柄トップ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする