底値圏における逆張りは大きく儲けを出しやすい理由と欠点!

逆張り

【チェック!】投資家達が人に言わない「無料の銘柄情報収集リスト」を確認する
いち早く情報を仕入れて利益を出している投資家達が「人に言わない銘柄情報元」をこっそりご紹介しています。

逆張りと言う言葉は以前はプロの投資家の間でしか使われませんでしたが、、今は良く耳にするようになりました。

ご存じの方も多いとは思いますが、逆張りとは株式市場の人気とは逆に売り買いを行う事を指します。

逆張りは勇気がいる分、大きく利益を出し易い

つまり対象銘柄が人気になり、上値を追う時に売りに向かう。もしくはちょっと悪い状況に見える時に階に向かう事を指します。結構精神的に強くないと中々難しい物ですよね

けれども、これが当たると結構大きい物になります。誰もが怖くて手が出せないような段階での仕込みなので、儲けの幅は当然大きくなります。

逆張りは市場の循環に期待した投資手法

では実際にどんな時に逆張りを行うのが良いのか?

それは底値圏に有る銘柄を狙う事です。底値圏まで売られると言う事は、その銘柄の状況が当然業績などが悪化している証拠です。

こういう時には中々買う人はいないかもしれませんが、「上がった株はいずれ下がる」、逆に「下がった株はいつかは上がる」と言った市場の循環に期待して逆張りを行うのがおススメです。

仕込んだ後には、気長に株価の上昇を待ちましょう。

利益確保を逆張りで行うには気長に待つ事が重要です!

なので、この逆張り手法の欠点としては「利益確保までに時間がかかる事」が一番の欠点かもしれません。

半年や一年位は塩漬けする位の覚悟は必要だと思います。だからこそ、信用取引などは行わない方が良いと思います。決済期日などの壁に当たり、目論見が外れる事なんて話は良く聞きます。

あくまで底値圏を狙った逆張りは、現物取引で行う様にしましょう。

投資経験の深くない人は、しっかり情報収集しましょう

「半値八掛けに割引き」と良く投資家の間で言われる事が有ります。これはここまで値を落とせばもう大底で、反発が近いと言う状況を指します。

これは基本的に経験則から投資家達が「そろそろ上がるだろう」と言う時に使うのですが、あまり投資経験の無い方はこういった風に考えるのはキケンです。

下記の様なしっかりとした情報収集をして、銘柄や売り買いのポイントを選んで行く事がおススメです。

※世間に出回る前の最新情報が知れる※無料の情報元リスト株おすすめ銘柄トップ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする