短期投資で損失をなるべく出さない為のテクニック!

短期投資の損失

【チェック!】投資家達が人に言わない「無料の銘柄情報収集リスト」を確認する
いち早く情報を仕入れて利益を出している投資家達が「人に言わない銘柄情報元」をこっそりご紹介しています。

投資の資金と言っても限りある物では有りません。だからこそ無駄な投資は避けて行う事が定石です。

特に短期の投資を行う方は、大儲けを目指すよりも「損失を増やさない事」がとても重要です。

短期投資では値下がりしたら早めに損切りを行おう!

長期取引の場合には、株価の動きも緩やかで株価が下がっても、余裕を持って投資を行える可能性が高くリスクは低めです。

けれども短期投資の場合には、株価の動きが激しい銘柄を狙いがちと言う事と、「損を取り戻そう」と言う様なギャンブル的な売り買いを繰り返して損失が膨らんでしまいがちです。

こういう悪循環に陥らない為にも、株価が下がったと思ったら早めに損切りを行い、傷口を広げない様にしましょう。

株価が下がったからと言って長期投資に変更しない!

前述した様に、短期の株取引で保有している株の価格が下がってきたら、早急に損切りをすべきです。

株価が下がったからと言って、「長期投資」にシフトチェンジする方も多いのですが、これは大きな間違いです。

何故なら、元々は長期投資の視点で銘柄を選んでいないので、長期保有しても株価が回復する様な可能性も薄いと判断すべきです。

その他にも、長期投資に変更した後の塩漬け期間が長ければ長いほど、資金効率が悪くなって来てしまいます。

株の取引きでは切り替えと損切りが利益に大きく影響します。

株価が損切りラインに達した時には、素直に売却し切り替えて別の銘柄を狙う様にしましょう。

短期投資から塩漬けにするデメリット

  • 長期目的の銘柄では無いので塩漬けにしても株価が回復する見込みが薄い
  • 傷口をより大きくしてしまう可能性がある
  • 塩漬け期間中の投資資金の余裕がなくなり、他のチャンスを逃してしまう事も

こういった様に短期の株式投資では、投資に失敗した時のフォローを行うよりもスッパリと諦め、次の取引に向かう位のスピード感をもった取引を行うのがとても重要なポイントですね。

※世間に出回る前の最新情報が知れる※無料の情報元リスト株おすすめ銘柄トップ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする