株のロスカットルール作りの重要性と簡単な判断基準!

ロスカットルール

株のロスカットルール作りの重要性と簡単な判断基準! 

【目次】

【チェック!】投資家達が人に言わない「無料の銘柄情報収集リスト」を確認する
いち早く情報を仕入れて利益を出している投資家達が「人に言わない銘柄情報元」をこっそりご紹介しています。

ロスカットのルール作りが大事って色々な投資家は言いますが、これって分かっていても後回しに考えていたり、ぼんやりとしか決めていない人が多いです。

銘柄選びに一生懸命になってしまって、中々ハッキリと定め辛い物ですよね。

今回はそういった、ロスカットのルール作りの重要性と簡単な設定方法をご紹介致します。

株式投資ではロスカットのルール作りが重要な理由

株式投資では、いかに大負けをしない様にするのかがとても重要なポイントです。

取引きの回数でいくら勝ちの回数が多かったとしても、たった一度の大きな負けで今までの利益が全て飛んでしまう事が有ります。

逆に何度も取引きで負けていたとしても、そのマイナスを最小限に抑える事が出来れば、トータルの損益ではプラスになる事も有ります。

なので、株式投資で利益を積み上げる為には「ロスカットのルール作り」が重要なのです。

簡単なロスカットのルール作りの基準

見切りの目処としたロスカットのルールは、基本的には買値から15%~20%位下げた時が見切りのラインとして決めるのが妥当な所です。

この水準まで下げて来たら、一度購入していた株を手放してもう一度検討すると言った対処が必要です。

「もしかしたらこれから上がるかも」と言った様な期待は捨てて、最小限の傷口に抑えて次の取引に臨みましょう。

基本的に下がってきている銘柄が上がるのを待つより、新しく探した銘柄の株価が上がる方が全然効率的で勝ち易いと言われています。

移動平均線からロスカットを判断するのも有効です

また、チャートの移動平均線等を見ている方は、これの変化を重ね合わせてロスカットを判断すると精度が高くなります。

例えば、移動平均線を見て明らかに下落に転じてきた様な状態であったり、下放れの兆候を確認で来た時には例え10%の下げであっても思い切ってロスカットすべきです。

移動平均線は下げのサインを見極める為に非常に重要な情報なので、下記の様な事を参考に一度確認する癖をつけましょう。

こういった様に、ロスカットは負け戦になった時にいかに傷を小さくするかを決める、大事な判断基準です。

けれども負けている時には正確な判断はもちろんしにくい物ですから、今回ご紹介した様な「ロスカットのルール」を参考に取引を行ってみては如何でしょうか。

※世間に出回る前の最新情報が知れる※無料の情報元リスト株おすすめ銘柄トップ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする