騰落レシオの計算方法を知って市場の強弱を判断しよう!

騰落レシオと市場

【チェック!】投資家達が人に言わない「無料の銘柄情報収集リスト」を確認する
いち早く情報を仕入れて利益を出している投資家達が「人に言わない銘柄情報元」をこっそりご紹介しています。

今の株式市場自体は「強い市場」なのか「弱い市場」なのか?この判断って中々つけるのが難しいと思います。

なんとなくは分かるけれども、ハッキリ数値化しないと不安と言う方も多いと思います。

今回はそんな、市場の強弱がわかる騰落レシオの計算方法と判断ポイントについて詳しく解説して行きます

騰落レシオの計算方法と判断のポイント

騰落レシオとは、値上がり銘柄と値が下がった株の数から相場の状況を把握する分析方法です。

5日、25日、100日と言ったようん一定の時期に値上がった銘柄の数の合計を値下がった数で割って百分比を出す様にします。それを移動平均して行くのです。

【騰落レシオの計算式】
値上がり銘柄の数÷値下がり銘柄の数×100=騰落レシオ(%)

レシオの値から市場の状況を判別するには

これの結果により、値上がりと値下がりの数が一緒ならば騰落レシオは100%になり、これを一つのラインとして考えましょう。

100%を越えている時は値上がり銘柄が多い強い市場の状況だと判断でき、逆に100%未満は値下がり銘柄メインの弱い市場だという事を表します。

日にちを分けてこの騰落レシオを取得するには訳が有ります。5日、25日は短期分析用として取得します。そして100日の騰落レシオは中長期的な市場判断の為に出しておく数値です。

騰落レシオの動きと市場の強弱の関係は、わかり易くまとめると下記の様な事が判別できます。

70%以下の時はチャンス →騰落レシオが70%を割る様な状況になった時には、市場自体が「底値圏」に入った事を示しています。つまりこれから株価が上昇する予測が立てられます。

120%の値は要注意 →騰落レシオが120%を出した時には注意が必要で、相場に過熱感が出てしまっている状況です。その後市場の動きが天井になる事が多いです。

こういった様な市場のサインを読み取ることが可能です。また、騰落レシオのピークは株価に先行する事が多いので、そこら辺も売り買いのサインとして流用出来ると思います。

騰落レシオの数値があてにならない例外

けれども、悪影響があり平均株価が急落する様な場合には、騰落レシオも急落し、平均株価が回復してきた所で上昇してピーク圏内の120%を越えてくることも有ります。

こういう場合は天井という訳ではなく、長期上昇の相場になって来ている事が多く、平均株価はどんどん伸びて行きます。騰落レシオはこの場合にはあてになりません。

こういう事により、レシオは天井を計る為の数値としてとらえるよりも、どちらかと言うと底値を知る為の数値として捉えた方が良いかもしれませんね。

※世間に出回る前の最新情報が知れる※無料の情報元リスト株おすすめ銘柄トップ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする