株はサイコロジカルラインを用いて今の状況を分析できます!

サイコロジカルライン

【Point!】投資家達が人に言わない「無料の銘柄情報収集リスト」を確認する
いち早く情報を仕入れて利益を出している投資家達が「人に言わない銘柄情報元」をこっそりご紹介しています。

サイコロジカルラインは、株価の変動に対する投資家の心理の動きを読み取って分析して行く指標の一つです。

通称「サイコロ」と言われ、多くの方がこの分析方法を利用しています。

今回はそういった、サイコロジカルラインによる投資判断についてご案内致します。

サイコロジカルラインは投資家の心理から売り買いを分析する手法

株価は上昇するのも下降するのも、いつまでも続くものでは有りません。

上昇し続けると買疲れから反落したり、上げの状況が一時的に止まる「上げ一服」の状況になります。逆に下落し続けると売り飽きを投資家が感じて、反発したりします。

こういった投資家心理の流れから、サイコロはこれからの株価を予測する指標で、日経平均の株価指数や個別銘柄の分析の時などに用いられる分析です。

サイコロジカルラインの出し方や判断方法

サイコロジカルラインの出し方としてはこの様に行って行きます。

直近12立会日より終値が前日と比べてプラスになっている日数とマイナスになっている日数をそれぞれ数えます。

そして12立会日のうちに、プラスとなった日が何日有ったかを数えてその数や比率を求めて計算します。サイコロジカルラインによる投資判断はシンプルで誰でも行えます。

【簡単な計算式】プラスの日数÷12日×100=サイコロジカルライン(%)

これを元にグラフ化して行きましょう。

サイコロジカルラインが75%以上では利食いを考えた投資を行うべきです。逆に25%以下になれば、これは底値と判断できるので「買い」のサインです。

この分析方法は結構色々な所で応用されるので、覚えて置く事をおすすめ致します。例えばRSI(相対力指標)と言う分析方法もサイコロに日々の値を考慮した分析手法です。

始めて覚える方はちょっと複雑かもしれませんが、一度覚えておくとそれからずっと使える分析術ですよ。

※世間に出回る前の最新情報が知れる※無料の情報元リスト株おすすめ銘柄トップ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする