PBRを目安にすると「株価が下がるリスク」の少ない銘柄がわかる!

PBRを知ろう

PBRを目安にすると「株価が下がるリスク」の少ない銘柄がわかる! 目次

【チェック!】投資家達が人に言わない「無料の銘柄情報収集リスト」を確認する
いち早く情報を仕入れて利益を出している投資家達が「人に言わない銘柄情報元」をこっそりご紹介しています。

良く銘柄の分析を行う時には、PERとPBRと言う指標が用いられます。

PERは対象企業の収益に注目した指標であるのに対して、PBR(株価純資産倍率とも呼ぶ)は企業価値に注目した指標になります。

PBRの値が低いほど株価は割安と判断できる!

このPBRの数値は、低ければ低いほど対象銘柄が割安だと言う事を判断する事が出来ます。

PBRを算出するには、「株価÷BPS(1株あたりの純資産)」と言う計算式を元に算出しましょう。

純資産というのは、対象銘柄の土地等の資産全部から、債務である借入金や支払い手形を差っ引いたものです。これは会社四季報や会社のホームページ上のIR情報等から確認出来ます。

これらを株式の発行数で割ると、BPS(1株あたりの純資産)を算出する事が可能です。

PBRの計算式

PBRの数値は「1」が基準になって株価が割安かを判断できる

1株あたりの純資産は、会社の解散価値とも言われる事が有ります。

これは例えるなら企業が解散した場合に、全ての資産から債務を差し引いて残ったお金を株主に分配した金額とイコールだからです。

なので、「1株あたりの株主の取り分=BPS」と言えます。

有る会社のBPRの数値が「1」だとしたら、上記の様な対象銘柄が解散した価値と現在の株価が同じ水準にある事を指すのです。

つまり、このBPRが1だった場合には「これ以上は株価が下がり辛い」と判断する事が出来ます。

なのでBPRがほぼ1になる銘柄を購入すれば、それ以上に値段が下がる様なリスクは少ないだろうと判断する事が可能です。

赤字の会社に関してPBRが1程度でも購入は避けよう

例えBPRを算出して1程度の銘柄を見つけたとしても、赤字の会社の銘柄には長期投資の場合は注意すべきです。

赤字が続いていると言う事は、穴埋めを現在の資産から行う事が想定されるからです。

こういった事があるので、PBRの数値に加えて「企業の成長度合」も参考にした上でおすすめ銘柄は選んで行く事をおすすめ致します。

※世間に出回る前の最新情報が知れる※無料の情報元リスト株おすすめ銘柄トップ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする