陰の大引け坊主と陰の極線はこれから値が下がるサイン!

陰の大引け坊主

【チェック!】投資家達が人に言わない「無料の銘柄情報収集リスト」を確認する
いち早く情報を仕入れて利益を出している投資家達が「人に言わない銘柄情報元」をこっそりご紹介しています。

ローソク足の陰線から、株価の下がる方向に動いているのかどうかを確認する事が可能です。

そのサインとして「陰の極線」とか「陰の大引け坊主」等が挙げられます。実際にこれをサインに売り買いをされている方も多いのではないでしょうか。

陰の大引け坊主と陰の極線は株価が落ちるサイン

今回はそういった、陰の大引け坊主と陰の極線から値が下がるサインの読み取り方について解説して行きます。

すぐに実践できるローソク足を使った分析方法なので、一度ご自身の取引に流用される事をお勧め致します。

陰の大引け坊主は天井を表す強いサイン

陰線の上にヒゲが伸びている状態の事を「陰の大引け坊主」と呼び、株価の天井を示す物とされています。大引け坊主

この線から読める事は、株価がもうちょっと上がるハズと思って買ったけれど、売り待ちの人が多すぎて株価は一時的に上がっても、売りに押されて逆に安くなってしまいそう。という状況です。

つまり、これ以上の株価では「売りたい人が一杯居る事」。危なくて買えない、むしろ売り逃げたいと言う動きを読み取る事ができます。

なのでこの線が出た時には、とても高い確率で天井を付ける事が多いと言われています。

持ち株で利幅が取れている物はこのサインが出たらすぐに売りに出ましょう。

陰の大引け坊主は天井を表す強いサイン

陰線の上下にヒゲが出ている時を陰の極線と呼び、このサインが出た後はヒゲが上下に出ながら株価は下がっていく傾向です。陰の極線

基本的にこのサインっは値下がりの途中や天井圏で良く見られる物で、多くの投資家の「弱気」を捉えられるサインです。ただ、投資家の迷いも読み取れるサインなので、たまに上がる事が有ります。

しかし基本的には株価が下がる傾向と考え、陰の極線が出た時には「逃げるが勝ち」位に思って取引きを行って良いと思います。

時折株価の暴落前にも見られるサインになるので、「大きな損害を被らずにコツコツ利益を積み重ねたい」と言う方は、陰の極線が出たら売りに出る事をお勧め致します。

こういった様に、陰線から読み取れる株価下落のサインを参考に、取引を行って下さいね。

※世間に出回る前の最新情報が知れる※無料の情報元リスト株おすすめ銘柄トップ