株は「期日向かい」の投資法で稼ぐ!対象銘柄を見つける簡単な方法

期日向かい

株は「期日向かい」の投資法で稼ぐ!対象銘柄を見つける簡単な方法 目次

【チェック!】投資家達が人に言わない「無料の銘柄情報収集リスト」を確認する
いち早く情報を仕入れて利益を出している投資家達が「人に言わない銘柄情報元」をこっそりご紹介しています。

借りた資金に対して返済期日や金利が発生するので、信用取引は短期勝負をすべきです。

こういった、株式投資の短期勝負にピッタリな方法が「信用取引の期日向かい」と言われています。

期日向かいの銘柄を狙って信用取引きは売買しよう!

この期日向かいとは、信用取引の期日があると言う仕組みを逆手に考えた投資手法です。

基本的に信用取引の決済の期日は半年で、この期日を迎えると必ず決済をしなければいけない仕組みになっています。

この期日まで中には粘っている人も実は結構いるんです。なので期日を迎える時に投げ売る形になるケースが結構頻繁に見られます。

こういった銘柄に向かって行って、安値の時点で仕込んで整理一巡後の反発で利食いするスタイルが「期日向かい」の投資法です。

どういう銘柄が期日向かいに適しているのか?

ではこういった、期日向かいの投資法に適している銘柄はどういう物なのか?それは、5~6か月前に市場で人気となり、高値を記録してから下がっている銘柄を狙います。

当然人気になった時期には信用取引で購入する方も多いですよね。けれども株価がじわじわ下がっていくと人間心理として中々売れない物です。

そういう状況の株も半年経った頃には投げ売られてしまうのです。なので信用取引の整理が一巡した頃に反発する仕組みになっているので、確かな精度を誇る投資手法です。

なぜ投資家達は利益を出せてるのか?理由を知りたいあなたへ

なんで投資家達は株で簡単そうに利益を出す事が出来るんだろう?

理由は安定して利益を出している投資家は「新鮮な銘柄情報」を必ず毎日チェックしているからです。

>>投資家達がチェックする「新鮮な無料銘柄情報3つ」とは?

具体的な期日向かいを狙って銘柄を仕込む方法

けれども、自律反発が高い確率で期待できるといって、むやみやたらに期日到来の銘柄に仕込みを入れるのはおすすめ致しません。

銘柄を仕込むやり方としては、約半年前に市場で人気になって高値になった株を調査しましょう。

そして「信用取引銘柄別残高」を確認して、その後の買い残高の状況をチェックした上で、投げ売られる事が集中する整理の時の最大のチャンスに仕込むのです。

信用取引の期日が近付いている事が株価を安値にしていただけなので、信用取引の整理が行われれば自律的に株価は戻ります。

利食いを行うベストなタイミングは?

この期日向かいの投資法で気を付けたいのは、あんまり深く銘柄を追わない事です。

株価の反発が目に見えて現れるのは、整理の山場から長くても二週間程度です。大体三割程度の利益を出すのを目安に考えましょう。

全体の市場の動きによっては、二割程度で利益を抑えたり、全体が好調な時にはもう少し粘ったりと言った様にs市場の状況に応じて利益に変化を加えて行くのがおススメです。

中小規模の品薄株は期日向かい狙いの銘柄として選ばない!

いわゆる一部の銘柄であっても「一部半銘柄」と言われる様な、中小規模の株は「期日向かい」の取引手法には向きません。

こういった品薄株は値動きが激しく、頻繁に高値をつけたりと読みづらいです。なので半年前に株価が上がってたの狙い目かも?と思っても素直に受け止めてはいけません。

何故なら、高値を付けたのが「その銘柄の実力以上」の高値になっていた可能性があるからです。この様なパターンの場合には、当然自律反発は期待できません。

もっと言えば、こういった中小型の株は信用取引には向いてはいません。例えば空売り等を行っても、売り物自体が少なくて「踏み上げ」を食らってしまう危険性も有ります。

※知らないとまずい※投資家が仕入れている無料の銘柄情報株おすすめ銘柄トップ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)