陰の丸坊主がチャートに現れたらなるべく早く売りましょう!

陰の丸坊主のサイン

【チェック!】投資家達が人に言わない「無料の銘柄情報収集リスト」を確認する
いち早く情報を仕入れて利益を出している投資家達が「人に言わない銘柄情報元」をこっそりご紹介しています。

株価をローソク足のチャート分析している時、絶対に注意してほしいサインが有ります。

その内の一つである「陰の丸坊主」は見落としては行けない、強烈な売りのサインと言われています。

今回はそういった、陰の丸坊主が出た時の対処方法について解説して行きます。

陰の丸坊主は株価が下落する強いチャートシグナル

陰の丸坊主とは、陰線のローソク足で上ヒゲも下ヒゲも無い物の事を指します。陰の丸坊主のローソク足

これがチャートに表示されたら要注意。

これはかなり強い株価下落のサインになりますので、なるべくすぐに売りに走る事をお勧めします。

この陰線のシグナルを見落としてしまうと、株価の急落に巻き込まれて大きな損失を生み出してしまう事があるからです。

なぜ投資家達は利益を出せてるのか?理由を知りたいあなたへ

なんで投資家達は株で簡単そうに利益を出す事が出来るんだろう?

理由は安定して利益を出している投資家は「新鮮な銘柄情報」を必ず毎日チェックしているからです。

>>投資家達がチェックする「新鮮な無料銘柄情報3つ」とは?

下げの局面では高確率で現れる「陰の丸坊主」

どの銘柄であったとしても、この様なシグナルは表れてきます。時にはそこから上向きになる事も有りますが、それは本当にごく稀のケース。

損切りとして、少しでも早いタイミングで売り急ぐのが良い対処方法だと思います。

それだけ陰の丸坊主はローソク足のチャートでは一番弱気な大暴落を予期するサインだと言えるのです。

どうしたら損をしないのかを考えるのが一番の投資法

こういう売りのサインが出ても、損切りができなかったり迷ってしまう物です。

基本的に人は利益を出す為、儲ける為の売り買いは進んで行いますが、損しない為の取引きは消極的な方が多いのです。

けれども、本当に株で稼げている人と言うのは「大きく穴をあけない」「損失はなるべく小さく」と言う考え方をしています。

どんなに分析が得意な投資家でも、読みを外す事があります。損失が発生する事は何回か取り引きするうちに一回は誰もが有るのです。

そういう時に損失を最小に抑えて次の取引に頭を切り替える事が重要なのです。

こういった事を考えて、損をなるべく最小限にとどめる様にローソク足を見て陰の丸坊主が出てないかチェックする様にされる事をおすすめ致します。

※知らないとまずい※投資家が仕入れている無料の銘柄情報株おすすめ銘柄トップ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)