株は移動平均線から相場の転換期を読み取ろう!【攻略法】

移動平均線と転換期

有名な投資家、J・E・グランビルと言う人が生み出した分析手法に「グランビルの法則」と言う物があります。

一般的には「移動平均線」と呼ばれていて、株価の平均値を折れ線グラフで表して分析する方法です。

主に5日間の株価平均を表したグラフがメジャーで、これを「5日移動平均線」と言います。その他にも13日とか26日の平均を取っている事が多いのですが、これを見ると「株の売り買いのサイン」がより具体的にわかる様になるんです。

【Point!】投資家達が人に言わない「無料の銘柄情報収集リスト」知ってます?
いち早く情報を仕入れて利益を出している投資家達が「人に言わない銘柄情報元」をこっそりご紹介しています。

移動平均線から株の平均値を取ることで迷わなくなる!

なんでこの移動平均線を用いた分析手法が有名なのかと言うと、基本的に株価ってご存知の通り1日の間で激しく上下に動く時が有ります。

こういう時に惑わされて誤った判断をしてしまう覚えがありませんか?

けれども「移動平均線」を参考にする事で、株価の傾向をより正確につかむ事が出来て、一時的な価格のブレに悩まされる事が無くなるのです。

移動平均線から株のトレンドを読む方法

では実際にはどの様に株価のトレンドを移動平均線から推測すれば良いのでしょうか?

それは株価のチャートグラフを見て、判別します。

移動平均線よりも株価のグラフが上回った時には「相場は上昇トレンド」になっていると推測されます。そして何よりも注目したい時は「株価が下がり出した時」。

この時に移動平均線を下がり出したタイミングが、相場の流れが変わる転換期のサインです。

これが基本的な移動平均線の一番シンブルな読み方です。

ゴールデンクロスとデッドクロスから相場を読む

前述した方法以外にも、移動平均線から相場の変動時期を読む事が可能です。これは移動平均線を短期と中期、長期と分けてみて行きます。

その上で、下記の二つの方法から買いのサインが具体的に判別できます。

ゴールデンクロスの時は「買い」!

短期(もしくは中期)の平均線が長期の物を下から突き上げる感じでクロスした時をゴールデンクロスと呼びます。このときは株価の上昇が期待できるので「買い」と考えて良いでしょう。

この時に最高値で売り抜ければ良い利益を生めるハズです。

デッドクロスになったら「売り」!

上記のゴールデンクロスと逆パターンなのが『デッドクロス』です。これは長期の移動平均線を短期・中期の物が上から下がって「下に突き下がった時」の事を言います。

こういう状況になったら株価の下降が予測できますので、今持っている株のグラフがデッドクロスを示したら早めに売ってしまった方が良いと言われています。

今回取り上げた様に、移動平均線を見ていくと色々と相場の流れを見て売り買いをする事が出来る様になります。

一度こういった事を参考に取引を開始されてみては如何でしょうか。

株の攻略法まとめ関連記事

※世間に出回る前の最新情報が知れる※無料の情報元リスト株おすすめ銘柄トップ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする