シンプルで簡単に売買時期を判断できる「一割転換投資法」

売買時期を判断

【チェック!】投資家達が人に言わない「無料の銘柄情報収集リスト」を確認する
いち早く情報を仕入れて利益を出している投資家達が「人に言わない銘柄情報元」をこっそりご紹介しています。

株式投資を行うにあたり重要な事は、儲かりそうな銘柄を仕込んで値上がりしたら確実に利益を確定させる事です。

当たり前の事様に思えますが、これがプロの投資家でもうまいタイミングで行う事は難しい物です。

今回は売買の時期をつかむ方法の一つ、一割転換投資法について詳しくここでご紹介させて頂きます。

一割転換投資法で売り買いのタイミングを察知できる手法

株価と言う物は色々な要素を織り込みながら動くものです。内外景気や業績動向。更に機関投資家などの動きや為替の変動など非常に様々な要因が有ります。

これらの情報を全て察知して、売り買いのタイミングを図る事はとても難しいものです。

その為昔から沢山の投資手法が用いられてきましたが、その中でも根強く使われているのが「一割転換投資法」になります。

一割転換投資法は非常にシンプルで効果の高い投資法

一割転換投資法は、景気の動きやその他の動向をチェックせず「株価の居所のみ」を判断して売買して行く手法です。

内容としては非常にシンプルで、底値から一割値上がりしたら買い、その銘柄が高値から一割下がったら売る。そして買値から一割下げたとしたら投げると言った様に、単純です。

「こんな単純な売り買いで良いの?」そう思う方も多いと思いますが、これが実に理にかなった取引内容なんです。

この投資法が理に適っているポイント

例えば底値圏にある銘柄が動意づいてきても、それが底離れしてくれるのかって判断を行い辛い物ですよね。けれどもそれが底値から一割も上がってくれば出直りと読んで間違いないと思います。

そして狙い通りの値上がりを見せた時には、当然利食いのタイミングで迷いますよね。この時には高値からの一割の値下がりとなったら手放す形になるので、高値圏での利食いを行う事が可能です。

買いを入れて思惑が外れた時でも、一割値下がりした時に投げてしまえば損も少なく、次回の取引で取り戻す事も可能でしょう。

こういった様に、一割転換投資法は手堅く取引を行える、とてもシンプルな方法です。コツコツと利益を積み重ねて行きたいと言う方は、是非一度チャレンジしてみては如何でしょうか。

※世間に出回る前の最新情報が知れる※無料の情報元リスト株おすすめ銘柄トップ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする