グランビルの法則から読む「銘柄に買いを入れるシグナル」を解説!

グランビルの法則を解説

【チェック!】投資家達が人に言わない「無料の銘柄情報収集リスト」を確認する
いち早く情報を仕入れて利益を出している投資家達が「人に言わない銘柄情報元」をこっそりご紹介しています。

以前の記事でも軽くご紹介しました「グランビルの法則」。これを分析に利用している投資家は非常に多くいます。

基本的にグランビルのシグナルをマスターする事ができれば、売り買いのタイミングを逃さないと言われています。

ここではそんな、グランビルの法則で「銘柄の買いシグナル」について解説させて頂きます。

グランビルの法則で参考にしたい買いシグナル

米国でチャートの読み方を編み出したグランビルは、株価と移動平均線の動きから「買い」のシグナルと「売り」のシグナルとすべきものをそれぞれ4つずつ見つけました。

ここではその「買いシグナル」について詳しくまとめて解説して行きます。

具体的な「グランビルの買いシグナル」4つ

【買いシグナルその1】移動平均線を株価が勢いよく突き出している

下降している移動平均線を株価が、勢いよく突き抜けている状態の時は、その後に株価が上がる事が予測される一つの買いシグナルになります。

株価が下降している移動平均線を上に抜く状態が指すものは、株価は完全に底に付き、反転した事を示すサインです。

【買いシグナルその2】上昇している移動平均線を下に交差してまた上がった時

グランビルが考え出した法則の二つ目として、上昇している移動平均線を株価が一時的に下に抜く→すぐに株価が上昇して上に抜き直す状態です。

上昇中の移動平均線を下回っただけで、再び移動平均線を上回って上昇した時には更なる上値を期待する事が可能です。

このシグナルが出た後はすぐに急騰してしまうので、早めに買いを入れる事がおススメです。

【買いシグナルその3】上昇している移動平均線に反して株価が下がり交差せずに上がった時

グランビルの買いシグナルの中で、最もおいしいシグナルと言われているのがこの3つ目のシグナルです。

上がっている移動平均線に、上昇中の銘柄が一時的に下がったり横ばいになって、移動平均線に近づきます。けれどもここでシグナル2の様に移動平均線にクロスして下がるのではなく、クロスせずにまた株価が上昇した状態を指します。

これが面白い事に、チャート分析なのに「仕手株」も読み取れると言う事。その位に強い「買い」のチャートシグナルです。見逃さないようにしましょう。

【買いシグナルその4】移動平均線が下がっている時に、株価がそれよりも下げ過ぎている時

移動平均線が下げている途中で株価も下がっている場合、時折株価が下がりすぎて移動平均線との「かい離(離れすぎている事)」が発生します。

こういうチャートを見かけた時には「下がりすぎた時」の買い材料になりますので、利食いを狙う様にしましょう。

ただし、このシグナルは「かい離」が修正されればチャンスは終わりになるので、利幅は大きく取れません。短期である程度の単位を持って買いに動く事がおススメですよ。

かい離率の目安

(株価÷移動平均線の値-1)×100%=かいり率
※これが15%~20%を越えたら離れすぎ!


グランビルの法則の精度を高める為にローソク足も確認しよう!

精度を上げる為にも下記の様なローソク足のチャート分析も併せて用いてみると、かなりの高確率で買いのサインを見つける事が出来ると思います。

こういった様にグランビルの法則を用いた買いのシグナルは、具体的にいつ買ったら良いのかを判断出来る為、投資大国アメリカの投資信託会社の人達もいまだにこの法則を用いて売り買いをしています。

なのでこの法則は素人でも覚えれば利益を上げる事が出来るので、率先して実践してみる事をおすすめ致します。

※世間に出回る前の最新情報が知れる※無料の情報元リスト株おすすめ銘柄トップ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする