株の出来高を分析すると売り時や買い時がわかります!【攻略法】

出来高をチェック

【Point!】投資家達が人に言わない「無料の銘柄情報収集リスト」知ってます?
いち早く情報を仕入れて利益を出している投資家達が「人に言わない銘柄情報元」をこっそりご紹介しています。

株で売り買いを行う時に参考になる物として、出来高と言う物があります。

これが何かと言うと、売買が成立した株式の数の事を指します。基本的に売買とは買い注文と売り注文が同じ数だけ集まった時に成立します。

なので出来高は買と売りがセットに換算するのです。

今回はこの出来高を見て銘柄の売り買いのタイミングをチェックする攻略法についてご紹介致します。

出来高は投資家の心理が見えるから売り買いのタイミングがわかる!

実はこの出来高を分析すると、投資家達のその銘柄に対する心理状態が見えてくるんです。

出来高が増えていると言うのは、その株の注目度が上がっているという意味です。逆に出来高が減っているのはその銘柄の注目度合いが下がっている状態です。

注目している人が増えればその分売買は当然活発になり、銘柄の値動きも激しくなります。

この様に出来高は投資家達の気持ちが見えて来るので、要チェックの項目です。

出来高から判断する「売買のタイミング」!

ではこの出来高を見ながらどんなタイミングで売り買いをするのが効果的なのか?

それは全く動かなかった出来高が急激に上昇したり、ちょっとずつ値段を上げながら出来高が増加している銘柄はもう買いタイミングの状態です。

出来高が上がるという事は、投資家に注目されているという事。つまり情報入手の早い投資家が動き出し始めた状態なんです。

なので株価の急騰が期待できるので、買い時とされて良いと思います。

では出来高から売りのサインはどう読むの?

出来高を見て良い銘柄を購入した後、株価がどんどん上がって行きます。

けれども値段が上がって行ってる途中に、突然ものすごい出来高を記録するタイミングがきます。

このタイミングが売りを行うベストな売り時です。

と言うのも、基本的に株と言うのは売りと買いの数が多い方へと値は変動して行きます。

株価が上がった後に出来高が急激に増える時期と言うのは、売りの注文が優勢になりそうな状況で、これが売りが先行した時に株価は暴落するんです。

なので、高値を付けながら動いていた銘柄の出来高が上がった時は要注意ですよ。

こういった様に、出来高の動きを見た攻略法はとてもわかり易く実践も簡単な取引き方法です。

初心者の方でも容易に取り組めるので、一度試してみてはいかがでしょうか?

※世間に出回る前の最新情報が知れる※無料の情報元リスト株おすすめ銘柄トップ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする