中段保ち合いの時も上げサインはある!上げのチャートパターンを解説

中段保ち合い

【チェック!】投資家達が人に言わない「無料の銘柄情報収集リスト」を確認する
いち早く情報を仕入れて利益を出している投資家達が「人に言わない銘柄情報元」をこっそりご紹介しています。

株価の読み方において、一番難解な状態が「中断での保ち合い」です。この状態になると、これからどうなるか読みづらい状況と言われています。

そういった先が読めないと言われている時でも、チャートのパターンからこれから上がるのかを判別する事ができます。

中段での保ち合いの時の「上がる」チャートパターンについて

ここでは、中段での保ち合いの時に株価が上がっていくパターンについてここでは取り上げてご紹介致します。

ウェッジ型がチャートに見えると株価が上がる!

ウェッジ型のチャート上値の状態だけれども、上値が切り上がっていくチャートパターンの事を「ウェッジ型」と呼ばれます。これの先端部分に来ると、出来高と併せて株価が一気に上がって行きます。

底値圏でも現れる事も有りますが、この「ウェッジ型」が現れて株価が上がれば、そこから先は右肩上がりになっていくサインです。

ただ、出来高をおしっかりと確認しておきましょう。出来高が減少し始めた時が「天井」となる可能性が高いです。

ペナント型のチャートパターンは上昇のサイン

ペナント型のチャート株価の上げ下げの幅が小さくなっていく様な状態の事を「ペナント型」のチャートと言います。これが現れた後には、チャートの中断や底値圏でも、株価が急上昇をする可能性がとても高いんです。

このチャートが現れた時には先端付近に来た時に注意しましょう。上にあがろうと言うエネルギーが蓄積された状態なので、先端部分で急上昇する事が多いのです。

ただ結構読み落とし易いグラフなので、常に意識してペナント型が現れていないかを確認しましょう。

下降フラッグ型も上げパターンの一つ!

下降フラッグ型のチャート株価がたとえ下げ続けている状態であっても、「いきなり株価を上げる事」が有ります。その典型的なパターンとして「下降フラッグ型」が言えます。

形としては、株価の下落が「ジグザグ」に継続して落ちていった後に出来高が増えて上がっていく形です。基本的には底値圏で見られる事が多いです。これはチャートの形よりも「出来高」の部分を注目する様にしましょう。

以上の様に、中段付近のチャートは読みづらいと言われる物の、株価が上がる時期と言うのはちゃんと見ていればチャンスは有るんです。

ここで上げた様な、銘柄の価格が急騰するサインを覚えて、多くの利益を積み重ねて行って下さいね。

※世間に出回る前の最新情報が知れる※無料の情報元リスト株おすすめ銘柄トップ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする