ローソク足の基本的な読み方!【簡単な相場の見方を解説】

ローソク足の分析

【Point!】投資家達が人に言わない「無料の銘柄情報収集リスト」知ってます?
いち早く情報を仕入れて利益を出している投資家達が「人に言わない銘柄情報元」をこっそりご紹介しています。

株価のチャートを見て相場を予測する方は沢山いらっしゃいます。その中でも最もメジャーなチャートの見方が「ローソク足」手法です。

株をやっていればローソク足はご存じの方が殆ど思います。実はこれって江戸時代に日本で生まれた物なんです。

今回はそういった、ローソク足の読み方や株価分析のポイントをご紹介致します。

ローソク足の基本的な読み方

ローソク足は始値(はじめね)と終わり値(おわりね)、安値(やすね)と高値(たかね)の4種類の株価の状態について表したグラフです。

取引き開始から最初に付く価格が始値、最後の物が終値です。これを結ぶものを「実体線」と呼ばれています。そして各線の見方は下記の通りです。

陽線(白抜きの物)
ローソク足グラフで見かける白抜きの物を陽線と呼びます。これは始値より終値の高い場合の線です。

陰線(黒い線)
グラフで黒く表記されるものを陰線と言われます。これは終値の方が安い場合に記載されます。

ひげ(各線から上下に伸びている棒)
高値と安値の範囲が実体線を越えた場合、実体線の上下に細い棒が記載されます。これを「実体線」と呼びます。

これらのローソク足の読み方を知る事で、株価の今の状態や指定した期間にどの位上げ下げしたのかが、一目でわかる様になります。

実際にローソク足を用いてどう売り買いの判断をしたら良いの?

さて、実際にこのローソク足の読み方はみなさん理解されたと思います。次はこれらをみてどう売り買いの判断をしたら良いのかをご説明します。

今回は3つの分析ポイントをご紹介致します。

寄り切り線を見て転換期をチェック!

実体線の片方にひげが無い場合、「寄り切り線」と呼ばれます。これは「売りの転換」と「買いの転換」をチェックする事が出来ます。主な見方は下記の通りです。

陽の寄り付き坊主
下ひげの無い陽線のローソク足の事です。これは上値を暗示する線と言われます。相場が安値の状態でこれが見られたら「買いの転換期」と言われています。

陰の寄り付き坊主
こちらは上ひげの無い陰線の実体線を指します。先ほどとは逆にこれは下値暗示の弱い線と見られます。高値でこれを確認したら「売り転換の決定線」と判断されると良いでしょう。

これから上がると暗示される「赤三兵」

これから相場が急伸すると暗示されるローソク足です。これは陽線が三つ並んだ状態のチャートを指します。

底値圏だった時にはその後の上げが予測できますし、何より陽線が4本並んだ時を「利食い」のタイミングと良く言われます。

相場の「天井」のシグナルが読めるローソク足

ローソク足を見ていると、その相場の天井を読み取る事が出来ます。詳しい見方は以下の通りです。

ツタイ線
一般的に陰線で下にさがる実体線が二本続いた状態の事を「ツタイ線」と言います。 これを見る注意点として、長期間にわたり右肩上がりで相場が上がっていた時、このツタイ線を確認したら「天井」のシグナルと捉えられるので注意してみてください。

黒三兵、三羽ガラス
今度は「3つ陰線が続いた」状態の事を呼びます。これが現れたら「崩落」の前兆と言われています。一か月以上は基本的に下がっていくと予想されます。

こういった様に、ローソク足をチェックすると、相場の転換期を察知する事が可能です。参考にして取引を行ってみて下さいね。

※世間に出回る前の最新情報が知れる※無料の情報元リスト株おすすめ銘柄トップ