信用取引の評価損で市場が鈍ったら「押し目買い」を入れよう!

押し目買い

信用取引の評価損で市場が鈍ったら「押し目買い」を入れよう!

~目次~

【チェック!】投資家達が人に言わない「無料の銘柄情報収集リスト」を確認する
いち早く情報を仕入れて利益を出している投資家達が「人に言わない銘柄情報元」をこっそりご紹介しています。

個人の投資家の方でも信用取引で小型株に投資を行っている方もいらっしゃるとおもいます。

そういう方は時には、市場が鈍くなって売り買いの様子を見ようという方も多いのではないでしょうか。

今回はそういった、信用取引で評価損が増え市場が鈍った場合の投資ポイントを詳しくご紹介しています。

信用取引で評価損が増えて市場の動きが鈍った時の投資ポイント

相場全体が低迷して株価がさがって来ると、手仕舞いに失敗したら委託保証金の目減りをしてしまう事も。そうなると直ちに現金か証券の追加で穴埋めをしなければいけません。

簡単に言うと、信用取引を行う為の担保が無くなってしまうんですね。

評価損が増えると市場が回らなくなる理由

こういった状態は、小型株の売買の動きに影響を大きく与えます。こういった方が増えると損切りを行って現金化したり、代用証券に充てるケースが増えるので、株の売買が出来なくなるのです。

その結果、売買出来高が細って行く事態を招いてしまいます。

基本的に信用取引においては、現物取引に比べて貼る方に多くの株が動きます。

小型株で有った場合には、一人の信用取引でも充分に影響を与えてしまうのです。すると評価損が増えてきたら回らなくなり、全体の株価の動きが鈍くなってしまうのです。

全体の評価損が増え追い証が発生したら「押し目買い」のチャンス!

上記の様に、市場の評価損が増えて来るといわゆる「追い証」といわれる追加担保が必要になり、市場がその影響を受けて動きが鈍くなってしまいます。

けれども、株価の低迷はずっと継続するものでは当然有りません。

信用取引をしていない投資家にとっては、これまで人気になっていた銘柄は買えな買ったのですが、全体の低迷からくる「追証」は銘柄を仕込む絶好のタイミングなのです。

何故なら、追い証から来る一時的な売りで、優良銘柄の株価が下落して割安株になってくれるからです。

なのでこう言う状況になった時には様子を見るのではなく、積極的に押し目買いをおこなって行きましょう。

他の投資家と逆の動きをして利幅を取りましょう

このように、市場や他の投資家達と同じ様に動いていては、株式投資は儲ける事ができません。

場合によっては通常の投資家達と逆の動きをしても、買うべき銘柄は買っておく相場度胸が必要になります。その際に今回の様な市場の悪いムードを逆に利用する事等が必要なのです。

けれども、中にはこういった事に不安を感じ、勇気がいるという方もいるかもしれません。

そう言う時には、下記の様なプロのアナリストが無料公開している情報等を参考に売り買いをされてみては如何でしょうか。

※世間に出回る前の最新情報が知れる※無料の情報元リスト株おすすめ銘柄トップ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする