株価のストップ高の影響や銘柄予想の仕方を具体的に解説!

ストップ高予想

【チェック!】投資家達が人に言わない「無料の銘柄情報収集リスト」を確認する
いち早く情報を仕入れて利益を出している投資家達が「人に言わない銘柄情報元」をこっそりご紹介しています。

テレビや新聞で、ある銘柄が業績がとても良かったり、新商品の開発などによりストップ高になったというようなニュースを聞いたことがある方も多いと思います。

日本の株式市場では1日の株価の値幅制限あり、この値幅制限の上限まで達した状態をストップ高といいます。

今回はそんな、株価のストップ高の時の影響や銘柄予想の仕方についてを詳しく解説しています。

ストップ高の影響や、そんな銘柄の予想の仕方について

銘柄にとって特別な情報などが流れると、買い注文が殺到しストップ高になるということはよくあります。

このような状態になると、ストップ高の価格に注文が殺到し、その価格で株を売る方も少ないことから取引が成立しにくい状況となります。

そのため、ストップ高になってから株を購入しようと思ってもなかなか買うことができません。

ストップ高はこういう所から情報を仕入れる!

このような状態が続くと連日のストップ高となり、数日で株価が倍の価格になります。

ストップ高になる前からその銘柄を持っていた方にとっては、株をしていてよかったと思える瞬間ではないでしょうか。

このストップ高は信用取引をしている方はもちろん、現物取引をしている方にとっても、ストップ高は株の醍醐味と呼べる状況です。

ただ、個人投資家にとってこのストップ高は狙って得られるものではありません。

なので下記の様な、プロが参考にする情報リストから情報を見比べて分析しましょう。

一度ストップ高を経験してもコツコツ利益を出す事を忘れずに

また、このストップ高の銘柄を持っていて大きな利益を得てしまうと、普段得られる利益幅がとても小さく感じ、常に大きく儲けようとしてしまい失敗を招くこともあります。

ストップ高のような状況は宝くじに当たったようなもので、普段との取引では着実な取引が大切です。

一時的な大きな利益を得ることを考えるのではなく、着実にリスクの少ない取引で利益を出していくことが最も強い取引方法です。

特に初心者の方は、大きな利益を出すことを考えるよりも、どうしたらリスクの少ない取引をできるのかを考えることが大切です。

最初は一攫千金よりも、コツコツ運用を続ける事が何よりも大事ですよ。

※世間に出回る前の最新情報が知れる※無料の情報元リスト株おすすめ銘柄トップ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする