仕手株の仕組みと対象銘柄を狙った上手な儲け方まとめ

仕手株の仕組み

仕手株の仕組みと対象銘柄を狙った上手な儲け方まとめ

~目次~

【チェック!】投資家達が人に言わない「無料の銘柄情報収集リスト」を確認する
いち早く情報を仕入れて利益を出している投資家達が「人に言わない銘柄情報元」をこっそりご紹介しています。

株で投資を行っている方ならば、仕手株と言う言葉を聞いた事が有る方も多いと思います。

今回はそう言った、仕手株の仕組みや儲けの手口についてご紹介して行きます。

仕手株と呼ばれる銘柄の仕組みや儲け方

仕手株と言うのは、資金を持ったグループが意図的に株価を操作して、その差益を稼ぐ対象になっている銘柄を指します。

仕手筋は優良企業では無く、むしろ多少の「いわく」がある様な銘柄を不人気の時に買い集めます。それも一気にでは無く、じわじわと市場で噂にならない様に買い集めて行くのです。

そしてそれが成功して、ある程度の株が集まった段階で、株価のつり上げを仕掛けるのです。これまでの様にじわじわと値段を釣り上げるのでは無く、一気に買いを入れて株価を暴騰させます。

仕手筋が意図的に株価を操作するのが仕手株

すると、「この株は買い」と判断する方が増えて銘柄の人気が高まり、株かは更に上昇します。このタイミングで売り抜け利益を出すのが簡単な仕手株の仕組みです。

こういうった様に、安値で仕込んだ仕手筋は、株価が上がっている時に売り抜けに成功しなければ仕込みの意味がありません。

もしも意に反して株価が上がり過ぎてしまった時には、意図的な売りを出して急騰を防止して、利益を狙うチャンスを逃さない様に調整します。

この他にも、企業の弱点を掴んで意図的に株を買い、市場取引で利益を狙うのではなく、高値になった株を時価で対象企業に買い取らせる様な戦略の所もあります。

仕手株を狙う際には信頼のおける情報を仕入れよう

そういった、仕手株を狙って売り買いを行う個人投資家もいますが、仕手筋の筋書通りに株価が変動するので痛い目を見る事もあります。

取引に確信が無い時には、無理にこう言う銘柄を狙うのはおすすめできません。

もしも狙うのであれば、ある程度信頼のおける情報元等から売り時を考えた上で購入される事がおすすめですよ。くれぐれも深追いは禁物です。

※世間に出回る前の最新情報が知れる※無料の情報元リスト株おすすめ銘柄トップ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする