設備投資をしている銘柄は中長期的に見ると「優良株」が多い!

設備投資

【Point!】投資家達が人に言わない「無料の銘柄情報収集リスト」知ってます?
いち早く情報を仕入れて利益を出している投資家達が「人に言わない銘柄情報元」をこっそりご紹介しています。

企業は利益が出ると、配当金を増配したりします。もしくは従業員の給与をアップさせるところも多く有りますよね。

もちろんその様な事も重要なのですが、そういった事以外にもっと利益を上げる為に設備投資をする企業もあります。

今回は、中長期的な判断材料になる「設備投資」の重要性についてご紹介して行きます。

設備投資をちゃんと行っている企業は伸びる!

設備投資にお金を定期的に回している企業は着実な成長を遂げることが多いので、投資対象として魅力的だといえます。

そもそも、流れの早い今の時代にマッチさせる為にも、設備にはお金をかけないといけません。逆に設備投資を行う事により、利益はどんどん膨らんでいくものです。

なので良い銘柄を選ぶ時には、設備投資の増加が見えてくれば、業績が上がって来ていてこれから有望かな?という傾向が見えています。

どの業界でも設備投資をする必要はあるので、短信等で状況をチェック!

主に設備投資と言うと機械や自動車産業がメインで論じられることもありますが、設備投資はどこの業界でもあるはずで、今後外食なども増えてくることを考えると、外食系でも人件費をかけないように設備投資をしているところが勝ち組になるということです。

アルバイトとはいえども、今は給料が高くないと誰も働きませんからね。効率もアップさせて職場環境の良い企業が株銘柄としては、有望だといえます。

また、設備投資は日銀の短信などでも情報公開されるため、海外投資家も目を光らせていたりします。

日本株は個人投資家の数が増えたとはいえ、海外投資家の買いによって保っているところがあるので、単純に海外からの買いが入れば株価は上がります。

そういった大きなところの買いに合わせて株銘柄を物色するのも個人投資家の戦法の一つです。

設備投資関連株も今は好調

ちなみに設備投資関連株といえば、生産設備に関するモノを作っている企業のことです。こういった産業も今は好景気になりつつあるので注目されています。

産業機械や工作機械といったもの、もしくはシステムエンジニアリングとか産業用ロボット関連になります。

産業用ロボット関連となると、川崎重工業とかファナックといった有名企業が含まれます。

こういった事を考えて中長期的にどういう会社が伸びるのかを判断されてみては如何でしょうか?

※世間に出回る前の最新情報が知れる※無料の情報元リスト株おすすめ銘柄トップ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする