株の売買出来高から読み取れる「売り」と「買い」のサイン!

売買出来高

【チェック!】投資家達が人に言わない「無料の銘柄情報収集リスト」を確認する
いち早く情報を仕入れて利益を出している投資家達が「人に言わない銘柄情報元」をこっそりご紹介しています。

株式市場においては、銘柄の売り買いが成立する為には、「売り」と「買い」の株数と株価が合わなくてはならない物です。

そして成立した売買の株数の事を「売買出来高」と一般的に呼びます。

この売買出来高は多ければ多いほど、その銘柄に人気が有ると言う事を示すのです。

売買出来高から買ったら良いタイミングを知ろう!

株式市場では、一日三億株程度の出来高では「閑散」気味と言われています。逆に「活況」と言われる様な出来高の数は七億株以上のの出来高の事を言うのです。

けれども注意したいのが、出来高が多くなって来てから銘柄を購入する様にしても、「値が上がり切っている時」の可能性が有り、失敗する事も有ります。

特に株式専門紙等に取り上げられたり、証券会社が勧めて来る様な状況だと、既に人気が集中していて、出来高が増えた上に株価も値上がりしきっている可能性が高いです。

そういう状況だと当然値幅を取る事も難しいと思います。

売買出来高を参考にした売り買いのサイン

ではどうやって売買出来高を参考にするのが良いのか?

それはこれまで出来高が少なかった銘柄が、急に出来高を伸ばしてきた時は要チェックです。

これは何か急伸するべき材料が有る事はもちろんの事、人気が出始めて来たサインともとれるので、この様なサインが現れた時にはなるべく早い段階で買っておく事をおすすめ致します。

売りのタイミングは出来高の減少をチェックして行おう!

けれども株式市場の人気はずっと長く続くものでは決して有りません。

ある程度株価を上昇させると、基本的には投資家は別の銘柄に目を向ける様になります。すると自然に他の銘柄が人気になります。

そうなると、元々の銘柄自体の人気が離散してしまい、出来高が減少して行く状況になって行きます。

この出来高が減少して行った時が「売り時」です。なるべく早く売却を決める事がおすすめです。

こういった様に、売買出来高は株価と密接な関係を持っています。株式投資を行うなら、こういった事を参考に取引をして行きましょう。

※世間に出回る前の最新情報が知れる※無料の情報元リスト株おすすめ銘柄トップ