ウェアラブル端末の関連株はこれから伸びる!?4つの狙い目銘柄と急成長が期待できる理由

ウェアラブル関連銘柄

最近ウェアラブル関係の業界に注目!って言われているけれど実際どうなの?

これから狙い目なウェアラブル関連の銘柄ってどういう物があるの?

ウェアラブル関連株を扱う時、注意すべきポイントってあるの?

こういう事が気になって、ネットで色々調べていませんか?

この記事はそういった、ウェアラブル関連株の動向やおすすめ銘柄、運用を行うコツ等をまとめています。

どなたでも分かりやすくまとめていますので、ご参考ください。

株のおすすめ銘柄 ≫ 投資家達が参考にしている『世間に出回る前』の無料銘柄情報3つを確認する

これからウェアラブル関連の銘柄が伸びる?成長が期待されている理由

ウェアラブル端末は、文字通り身につけることのできる携帯端末です。

その種類は多く、腕時計型が主流とされていますが、メガネ型や帽子型など様々な形態があります。

メガネ型ウェアラブル端末

主な関連銘柄としては、家電業界、さらにはIT関連業界、精密部品等が対象銘柄になります。

もっとも、携帯端末と言えどもその裾野は広く、多彩な業界が関係している市場でもあるのです。

スマホの需要が一段落した今、新たな成長戦略としてこういったウェアラブル端末が挙げられているのです。

ウェアラブル端末の現在のニーズと業界が伸びている理由

スマホの需要はすでに飽和状態と言ってもいいのですが、ウェアラブル端末はこれから伸びる可能性を持っています。

注目したいウェアラブル業界

実際にウェアラブル端末が誕生したのは2013年度で、その年の市場規模は40万台とされていました。それが、2016年には8倍の333万台ですから、ものすごくウェアラブル端末の市場は拡大しているのです。

このような人気の理由として考えられるのは、スマホの人気です。

すでにスマホでネット環境は事足りるので、パソコンの売り上げは完全に鈍化しました。

スマホがパソコンに対して完全勝利した形になっているのです。

それでも、すでにスマホが飽和状態になりつつある中で、メーカーが提案したのがウェアラブル端末をスマホとリンクして使うことです。

これをすることで、誰の手元にもあるスマホを活かせながら、ウェアラブル端末を使うという提案を行ったのです。

片時も離したくないというヘビーユーザーを中心にウェアラブル端末は爆発的に売れるようになったのです。

人気の秘密は携帯性でしょう。腕時計型が主流となっていて、簡単なメールチェックや通話が出来るようになっている点が評価されていますし、他にも様々な便利ができる点も見逃すことはできません。

ネット等の銘柄情報を見て売買するのはもう遅い?

利益を出している投資家はなぜ優良銘柄で売買できるのか?

それは当たり前ですが、「世間に出回る前の新鮮な銘柄情報」を必ず毎日チェックしているからです。

>>投資家達がチェックする「新鮮な無料銘柄情報3つ」とは?

現状のウェアラブル業界はまだまだこれから!急成長するきっかけを待っている状態

成長が見込まれるウェアラブル端末業界

ウェアラブル端末の需要は底堅いのですが、爆発的な売り上げということにはなっていません。

スマホのように数年で、所有率が5割を超えたということですが、ウェアラブル端末はそこまで爆発的な伸びを見せているわけではありません。

しかし、スマホを持っていることが条件となるのですが、そのスマホの所有率が高く、スマホ並みの市場規模が約束されているのも見逃すことはできません。

まだ身に着けている人は多くないものの、いずれは多くの方が身に着ける事になる事は確実視されているので、「いつ急成長するきっかけ」が有るのかを待つだけなのです。

ウェアラブル関連銘柄での本命は?電池や部品メーカーの株価をチェックしよう!

注目したい部品メーカー

記憶に新しい所で言えば、リバーエレテック【6666】が何度もストップ高となりました。

同社の音叉型水晶振動子のシリーズに、業界トップクラスの低損失を実現した「TFX-04C」「TFX-03C」の2タイプを新たに加えて、量産を開始したとことが買い材料とされています。

音叉型水晶振動子というのは、スマホやウェアラブル端末などの機器に使用される部品です。

消費電力が大きくなるスマホやウェアラブル端末にあって、低損失性能をもった部品の製品化は市場から求められているもので、同社の銘柄はこれからも要注目です。

また、フレキシブルリチウムイオン電池を取り扱っているパナソニック【6752】等も注目したい銘柄の一つです。

ウェアラブル端末の当面の課題は、低電力、省エネバッテリーです。

これが、これからの注目銘柄となるのは間違いありません。

製品メーカーより部品に目を向けた方が底堅い!ウェアラブル関連銘柄を取り扱う際の注意点

ウェアラブル端末業界のチャート

ウェアラブル端末の製品を扱う会社の銘柄はその売れ行きに左右されるので、基本は部品メーカーが底堅いです。

製品は売れると大きいのですが、メーカーを問わず部品を供給する部品メーカーのほうが失敗は少ないでしょう。

さらに、ウェアラブル端末関連の銘柄はこれから上昇傾向にあるのは間違いありませんが、反動も強く、買いのタイミングを外すと大きな損失を出す可能性が高いので、上昇傾向にある中でも反動のタイミングを見計らうことが大切です。

ウェアラブル端末関係の株を売買する時に注意したいポイントをまとめると…

ウェアラブル銘柄の注意点

  • これから伸びる事が確実視されているのが「ウェアラブル業界」
  • スマホの売り上げは上げ止まり。ウェアラブル関係はこれから期待できる
  • ウェアラブル関係の銘柄はいつ爆発してもおかしくない状態
  • 狙い目の銘柄は「電池メーカー」か「部品メーカー」
  • 製品メーカーより部品銘柄に目を向けた方が「底固い」!

こういった様に、ウェアラブル端末に注目していく為にはいくつか抑えておくポイントが存在しています。

けれども、いつどういった銘柄が爆発するのか?それはどの銘柄にも可能性が存在しています。

だからこそ、常に最新の注目銘柄をチェックしておく必要があるのです。

そういった、最新の情報は【信頼できる情報元】を確保しておく事がとても大事です。

下記には、無料でチェックできる信頼できる銘柄情報筋3つを公開しています。こういった【信頼できる銘柄情報筋】を確保しておいて、いざという時にすぐに対処できる様にされてくださいね。

※世間に出回る前の最新情報が知れる※無料の情報元リスト株おすすめ銘柄トップ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする