NISAは相続税対策に使える?今注目の節税テクニック!

相続税対策

2015年より相続税が増税しており、それの対策としてNISAが注目されています。

NISAの非課税枠を利用して、生前贈与を行う方が増えて来ているんです。

今回はそんな、NISAの口座を使った相続税の節税テクニックをご紹介致します。

【Point!】投資家達が人に言わない「無料の銘柄情報収集リスト」を確認する
いち早く情報を仕入れて利益を出している投資家達が「人に言わない銘柄情報元」をこっそりご紹介しています。

2015年から上がった相続税をNISAで節税しよう

従来は「5000万円+1000万円×法定相続人」と計算する事が出来ていた基礎控除ですが、2015年1月より「3000万円+600万円×法定相続人」と言う計算に変わり、結果的に増税される事になりました。

これはどういう事かと言うと、奥さんと2人のお子さんがいらっしゃる場合には従来は「8000万円まで」相続財産から控除を行えたんです。けれども新しい税制度では「4800万円まで」しか控除を行えなくなりました。

加えて、最高税率の部分も50%だったのが55%まで引き上げられる事になります。

なぜ投資家達は利益を出せてるのか?理由を知りたいあなたへ

なんで投資家達は株で簡単そうに利益を出す事が出来るんだろう?

理由は安定して利益を出している投資家は「新鮮な銘柄情報」を必ず毎日チェックしているからです。

>>投資家達がチェックする「新鮮な無料銘柄情報3つ」とは?

今までは相続税と言っても一部のお金持ちの方が払うイメージでしたが、これからの時代は多くの方が相続税の課税対象になります。

生前贈与をお子さんのNISA口座へ

そんな増税時代の対策として、NISAが注目されています。

それなりに資産をお持ちの方であれば、生前贈与の形でNISA口座を活用する方法が有るのです。

基本的に生前贈与の基礎控除は年間110万円ですが、全額をNISA口座に入れる事は難しいです。けれども年間100万円までをNISA口座へ生前贈与を行う事で贈与税や運用益も非課税になるのです。

贈与する側もされる側にとっても良い仕組みでは無いでしょうか。

これからは相続税を支払わなければいけない方はどんどん増えてくる時代です。都内に一軒家を持っていたらそれだけで相続税の対象になってしまいます。

だからこそ、年間110万円の生前贈与の基礎控除額からお子さんのNISA口座に移してみる投資法が注目されているんです。

今は増税時代なので、こういった非課税枠を充分に利用した投資を始められては如何でしょうか。

※知らないとまずい※投資家が仕入れている無料の銘柄情報株おすすめ銘柄トップ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)