株の利益が出た時に発生する税金の種類はどういう物があるの?

株の税金

株の利益が出た時に発生する税金の種類はどういう物があるの? 目次

【チェック!】投資家達が人に言わない「無料の銘柄情報収集リスト」を確認する
いち早く情報を仕入れて利益を出している投資家達が「人に言わない銘柄情報元」をこっそりご紹介しています。

株で苦労してようやく利益を上げる事が出来た時、パッと利益を使ってしまおうか?

そう誰もが一度は思うと思います。けれどもそんな時に注意したいのが、株にまつわる税金問題です。

株の利益が出た時には税金が必ずかかります!

利益が発生する所には必ず税金と言う物は発生しており、もちろん株式投資もそれは例外では有りません。

株の利益が発生した時の税金の種類

株式投資の利益に対する税金の種類は、簡単にまとめると下記の様な物があります。

  • キャピタルゲイン課税
  • 有価証券取引税
  • 消費税
  • 配当課税

これらの物は、株で売買を行う時、また配当を受ける時などには必ず発生してくる事です。株で利益を出したとしても、最終的に手元に残る金額は利益から税金を差し引いた金額です。

キャピタルゲインには2種類あるので注意!

こういった株にかかる税金の中でも、最も多くの方が注意しているのが「キャピタルゲイン課税」です。

キャピタルゲインとは、株を買った時と売った時の差額である売買益の事です。こういった投資家の純粋な利益にかかる税金になります。

なぜ投資家達は利益を出せてるのか?理由を知りたいあなたへ

なんで投資家達は株で簡単そうに利益を出す事が出来るんだろう?

理由は安定して利益を出している投資家は「新鮮な銘柄情報」を必ず毎日チェックしているからです。

>>投資家達がチェックする「新鮮な無料銘柄情報3つ」とは?

以前は売買回数や取引株数に対して制限は有りましたが、1989年に不公平税制是正のひとつとして改められる様になりました。

このキャピタルゲインには2種類の課税制度があります。

キャピタルゲインの課税方式

課税方式としては、源泉分離課税と申告分離課税と言われる物の2パターンが有ります。

申告分離課税は20%(打ち合分けは所得税20%、住民税6%)です。

それとは別に源泉分離課税は売却代金の1%になります。これらのどちらかを選ぶ必要が有るのです。

けれども、非上場の株式取引の場合には申告分離課税の一択になります。

将来的には申告分離課税に統一される

現在はこの様に、課税方式は大きく分けて2種類あります。けれどもこの形も将来的には変化して行きそうです。

大蔵省の方針としては、源泉分離課税の制度をなくして、申告分離課税への統一を目指しているみたいです。

こういった事を踏まえて、株の取引で利益が出た時には税金の事も考えて資産管理を行いましょう。

※知らないとまずい※投資家が仕入れている無料の銘柄情報株おすすめ銘柄トップ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)