一般口座と特定口座の大きな違いは納税の仕方や手間が変わる!

一般口座と特定口座

一般口座と特定口座の大きな違いは納税の仕方や手間が変わる

目次

【チェック!】投資家達が人に言わない「無料の銘柄情報収集リスト」を確認する
いち早く情報を仕入れて利益を出している投資家達が「人に言わない銘柄情報元」をこっそりご紹介しています。

証券会社で口座を開設する時には、特定口座もしくは一般口座のいずれかを選択する必要があります。

特に証券会社に申請等しなければ、勝手に一般口座扱いになる事が多いです。

特定口座と一般口座の納税方法の違い

ではそれぞれの口座の違いって何なのでしょうか?それは簡単に言うと口座の違いとしては、納税方法が大きく異なります。

一般口座は自分で確定申告をしなければならない

一般口座を利用している方は、年間20万円以下の利益の場合をのぞき、「いつ、どういった銘柄を何円で買っていくらで売ったか」等の取引内容をまとめて自分で確定申告を行う必要があります。

基本的には取引の度に届く「取引報告書」を保管しておきます。(捨てちゃだめですよ!)

そしてその取引報告書を元に、一年間の損益を計算した上で自分で納税書類を作成する必要があります。

なぜ投資家達は利益を出せてるのか?理由を知りたいあなたへ

なんで投資家達は株で簡単そうに利益を出す事が出来るんだろう?

理由は安定して利益を出している投資家は「新鮮な銘柄情報」を必ず毎日チェックしているからです。

>>投資家達がチェックする「新鮮な無料銘柄情報3つ」とは?

特定口座だと税金の申告がとても楽!

もうひとつの特定口座の場合、証券会社側が売却益を計算した上で年間取引の報告書を作成してくれます。

これを元に申告を行えばよいので、投資家側とすればとても楽なシステムですよね。申告自体もかなり簡易的に済ます事が出来、自分で簡単に納税を行う事ができます。

特定口座の「源泉徴収あり」だと確定申告は不要!

けれども、特定口座には「源泉徴収あり」「源泉徴収なし」の二種類の口座があり、「源泉徴収あり」を選ぶとより納税方法は楽になります。

なんと確定申告自体を自分で行う必要が無いのです。取引で売却益を得る度に証券会社が源泉徴収で事前に税金を差し引いてくれます。

ただ、もちろん注意点も有ります。

それは年間の利益が20万以下になりそうな時でも、税金は源泉徴収で引かれてしまうということです。なので安定して利益を出し続けやすい人にはおすすめの口座です。

それぞれの口座の特徴をまとめると・・・

証券会社で開く口座の特徴を簡単にまとめると、下記の様になります。

  • 一般口座・・・自分で取引履歴、収支を計算して確定申告を行う必要がある
  • 特定口座(源泉なし)・・・年間の取引報告書は証券会社が作ってくれて、簡易的な確定申告が出来る
  • 特定口座(源泉あり)・・・自分で確定申告の必要は無いけれど、利益が出て無くても税金は発生してしまうことも

※年間利益が20万円以下の場合には、確定申告の必要は有りません。

こういった事を踏まえて、あなたに合った口座を開設される事をおすすめ致します。

※知らないとまずい※投資家が仕入れている無料の銘柄情報株おすすめ銘柄トップ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)