株式投資で20万以上稼ぐ方は「青色申告」がお得です!【基礎知識】

株の青色申告

株式投資の税金は申告分離課税ができるようになりましたが、専業で株式投資を行っている場合は事業所得として青色申告をした方がお得になります。

株式投資を始めたら青色申告をするのがおすすめ!

これはどういう意味かと言うと、”株式投資を仕事して行っていますよ。自分の仕事は株式投資です”と税務署に認めてもらうことです。

株式投資をして儲かれば、それが仕事となると思いがちですが、それはあくまで見た目の問題だけです。

仕事をして利益が出れば、税金を納めなくてはなりません。 その納める方式はどのような仕事をしてるのかによって変わるのです。

サラリーマンは会社が税金の申告を代わりにやってくれています。年末調整で税金が少し戻ってくるのは、毎月納めていた税金の差額があるからです。

町の商店の場合は自営業ですので、自分で確定申告を行わなくてはなりません。 その場合は青色申告を行うことがほとんどです。

なぜ投資家達は利益を出せてるのか?理由を知りたいあなたへ

なんで投資家達は株で簡単そうに利益を出す事が出来るんだろう?

理由は安定して利益を出している投資家は「新鮮な銘柄情報」を必ず毎日チェックしているからです。

>>投資家達がチェックする「新鮮な無料銘柄情報3つ」とは?

青色申告と白色では通算の税額がかなり変わって来る!

この青色申告はとても優遇措置が多く、基礎控除も多く認められます。

特に株式投資で大きな利益が出た場合に、青色申告とそうでない場合では税額にかなりの差が出ます。

雑所得に分類されると累進課税対象となってしまい、利益が大きければ大きいほど税金も増えていきます。

じゃあ、株式取引をしている人はみんな青色申告をすればよいのかと言うとそうでもありません。

まず年間に利益が20万円に満たない場合は税金がかかりません。この場合は何もしなくても良いですね。

サラリーマンをしながら株式も行ってる人は申告をするメリットが多いので、考えても良いと言えます。

※知らないとまずい※投資家が仕入れている無料の銘柄情報株おすすめ銘柄トップ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)