株の投資資金は預貯金からどの位の割合をまわして行くのが正解?

株の資金の割合

【チェック!】投資家達が人に言わない「無料の銘柄情報収集リスト」を確認する
いち早く情報を仕入れて利益を出している投資家達が「人に言わない銘柄情報元」をこっそりご紹介しています。

ご自身の預金などからどの位投資に回しても良いのか?今の貯金からどの程度最初は投資に使っても失敗しないのか?

これから株式投資を開始しようと言う方は、こういう資金の事で悩んでしまう物ですよね。

今回はそういった、株式投資の資金は預貯金からどんな割合で利用して行ったら良いのかを詳しく解説致します。

投資資金と資産の割合はどう決めるのがベスト?

基本的に、投資の大前提は余剰資金で行う事が鉄則と言われています。

これまでに貯蓄されてきたお金と、これから毎月積み立てて行く事が出来るお金を合わせどの位のお金をリスクのある投資にまわしても良いのかを考えましょう。

当たり前の事では有りますが、まずはご自身の手持ちの現預金がいくらあるのかを把握しましょう。(現預金とは現金と一般の定期も含めた預貯金の事を指します。)

もちろんこのお金は全部投資に回すのは大変危険です。ケガや病気などの緊急事態の時の対策として残すべきお金はある程度必要です。

なぜ投資家達は利益を出せてるのか?理由を知りたいあなたへ

なんで投資家達は株で簡単そうに利益を出す事が出来るんだろう?

理由は安定して利益を出している投資家は「新鮮な銘柄情報」を必ず毎日チェックしているからです。

>>投資家達がチェックする「新鮮な無料銘柄情報3つ」とは?

投資資金に回すべき余剰資金の算出方法

ではどの程度投資資金として用意したら良いのでしょうか?それは前述した様な緊急事態に備えたお金を差し引いた金額です。

そして備えるべき金額は人それぞれ数字はもちろん変わってきますが、大体月収の6倍が妥当な数字でしょう。

月給20万円の方であれば、120万円の備えるべきお金を用意して、余った金額が投資に充てても良いお金です。

【株の投資資金の計算式】
預貯金-(月収×6)=投資資金

また、毎月の投資に充てる積立額は、生活に必要なお金を差し引いた金額になります。

投資はちゃんとした目標を持って取り組みましょう

こういった様に、しっかりとしたリスク対策を行ってから投資は始めるべきですが、何よりも大切な事は「目標を持つ事」です。

そしてそれは「3ヵ月で100万稼ぐぞ!」とか短絡的な物では無く、10年スパンで計画をして行きましょう。

短期結果を求める投資よりも、継続的に安定した投資を行っていく事が重要です。

マイホームの購入等を目標に取り組んだり、老後の資金として3000万貯める!とかでも良いかもしれませんね。

※知らないとまずい※投資家が仕入れている無料の銘柄情報株おすすめ銘柄トップ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)