株の売買を始めるには一体いくら位の資金を用意すれば良いのか?

投資資金

これから株式投資を始めるに当たって、始める資金はどの位用意すれば良いのかって真っ先に思いますよね。

今回は株の売買を始める際に用意する資金について解説致します。

【Point!】投資家達が人に言わない「無料の銘柄情報収集リスト」知ってます?
いち早く情報を仕入れて利益を出している投資家達が「人に言わない銘柄情報元」をこっそりご紹介しています。

最初は自分が稼ぎたい額の10倍の資金を用意しよう!

簡単に言うと、「無理の無い範囲で出来るだけ多く」用意された方が良いと思います。基本的に株式投資っていきなり元手が2倍3倍になる様な考え方で取り組みません。

大体「ひと月に10%位」資金が増える事を目標にまずはトライされるのがベストだと思います。

なのであなたが「まずは月に10万円稼ぎたい」と考えるのであれば、100万円の資金が必要です。こういった「自分が用意できるお金」と「稼ぎたい金額」を考えた資金を用意される事をお勧め致します。

資金の計算をする時には「売買手数料」も忘れずに!

基本的に株の売買には必ず「手数料」と言う物が発生しています。こういった物が損失を出した時以外にもあなたの資金を減らす物なので、しっかり覚えておきましょう。

なぜ手数料がかかるのか?それは株の取引きを証券会社にお願いしている為の「委託手数料」です。(消費税も発生します)

また、この手数料に加えて証券会社にもよりますが「口座管理費用」も徴収する所が有りますので、最初に口座を開くときには注意する様にしましょう。

手数料は大体いくら位かかるのか?

株の取引きに関する手数料は、会社にも異なるんですが大体数百円~数千円と言った幅です。成り行き注文と呼ばれる取引なら比較的安く、逆に指値注文になると手数料は割高になってきます。

その他にも「ワンウェイ」と言われる様な、買う時と売る時をセットにして手数料が発生する事が有ります。こういう時は3000円前後の所が多いと思います。

なぜ投資家達は利益を出せてるのか?理由を知りたいあなたへ

なんで投資家達は株で簡単そうに利益を出す事が出来るんだろう?

理由は安定して利益を出している投資家は「新鮮な銘柄情報」を必ず毎日チェックしているからです。

>>投資家達がチェックする「新鮮な無料銘柄情報3つ」とは?

手数料も積み重なればバカにならないお金なので、短期取引を考えている方は必ず「手数料が安い証券会社」で口座を開く様にしましょう。

ポイント!手数料の計算例

1株1000円の銘柄を1000株購入する場合(証券会社の手数料が600円と仮定した場合)

約定代金?1000円×1000株=100万円が約定代金(株本体の代金です)

手数料?600円の手数料に加えて「消費税」が発生します。なので600円×8%=48円 合計648円が取引手数料になります。

つまり・・・

トータルで100万648円が株を購入する時に必要になります。

※手数料は成り行きや指値等の注文形式や、証券会社によって大きく変わってきます。

こういった事を検討材料に、自分がどの程度資金を用意すれば良いのか、そしてどんな証券会社を選ぶのが良いのかを見極めましょう。

株の攻略法まとめ関連記事

※知らないとまずい※投資家が仕入れている無料の銘柄情報株おすすめ銘柄トップ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)