オンライン取引に有ってオフライン取引に無いリスクと注意点!

オンライン取引の注意点

オフライン取引に無くてオンライン取引にあるリスクと注意点

~目次~

【PickUp!】プロの投資家達が仕入れている「無料の銘柄情報」3つ
成果を出してる投資家は、精度の高い情報元を掴んでいるから人よりも一歩早く銘柄を仕込む事が出来るんです。

オンライン取引する前に知っておくべきリスクと注意点

今の時代の投資家の多くは、インターネットの「オンライン取引」をメインに株を売り買いされていると思います。

よほどの大口の売買で無い限り、オフラインよりも注文がスムーズだからです。

けれども、オンライン取引を行う際に発生する「リスク」はしっかり把握した上で利用されるのが堅実です。

今回はそう言った、オンライン取引を行う際のリスクや問題発生時の対処法をご紹介致します。

ネット取引では「電話注文」のやり方と番号を知っておく

電話での売買

オフラインでは無く、オンラインでの株の取引を行う時に怖い事としてまず挙げられるのが「回線のダウン」です。

あなたのネット回線自体が何か問題が有って止まってしまったり、最近ではスマホで取引を行っていた方が速度制限で売り買いに支障が出てしまう事も。

そうなると絶好の売り買いのタイミングを逃してしまって、最悪のケースだと損を被ってしまう事だってあります。

ご自身のネット回線だけの問題だけでは無く、相場が急に動いた時などには証券会社側の回線がつながりにくくなり、5分10分の取引に遅れが生じてしまうのです。

証券会社もこう言ったリスク回避の為に、電話での注文も受け付けています。

ネット回線のパンクなどの急な事態に備えて、事前に電話番号を仕入れておくのはもちろんの事、注文方法もしっかり頭に入れておきましょう。

なぜ投資家達は利益を出せてるのか?理由を知りたいあなたへ

なんで投資家達は株で簡単そうに利益を出す事が出来るんだろう?

理由は安定して利益を出している投資家は「新鮮な銘柄情報」を必ず毎日チェックしているからです。

>>投資家達がチェックする「新鮮な無料銘柄情報3つ」とは?

電話番号については、各証券会社のログイン後の管理画面内や、口座開設時に送られてくる手引きを参考にしましょう。

オンライン取引時にはセキュリティ対策は万全にしよう

オンライン取引のセキュリティ対策

オフライン取引では気にならない問題ですが、ネットでの取引を行う時に落とし穴として不安視される点として、セキュリティの問題が挙げられます。

それは、フィッシングサイトやハッキングからログイン情報の不正入手による「本人なりすまし」による被害があります。

取引データを盗まれるだけならばまだしも、愉快犯的に不利益な取引きを勝手に行われてしまう事も考えられるのです。

なので「自分は大丈夫」と思わず、株の取引を行うパソコンではちゃんとしたセキュリティソフトの導入を行う事と、SSL(暗号化通信)を用いているネット証券会社を選ばれる事がおすすめです。

対岸の火事と思わずに、事前の対策で被害を無くすように心がけましょう。

注文ミスがネット取引の場合だと多いので注意!

オンライン注文ミス

ネットで取引を行う場合には、簡単に売り買いが出来る反面、オフライン取引と違い注文ミスがとても起きやすいので注意が必要です。

「売り」のはずが「買い」の注文を入れてしまっていたり。クリックするボタン次第でうっかりミスが誘発されてしまいます。

こうならない為にも、疲れている時には取引をしない事や生活に余裕を持った売買を行う様にしましょう。

特にこう言う事は、日中お仕事をされているサラリーマン投資家の方達に多いので、充分に注意を行いましょう。

オンライン取引での注意点まとめ
  • 回線がつながらない時の為に「電話注文」のやり方と窓口を把握しておこう
  • 自分のパソコンやスマホにはセキュリティ対策をしっかり行おう
  • 証券会社もセキュリティ面が安心な会社を選ぼう
  • 簡単に取引できる反面、注文ミスが起きやすいので注意!
※知らないとまずい※投資家が仕入れている無料の銘柄情報株おすすめ銘柄トップ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)