ナンピン買いが何故『危ない』と言われるのか理由を知ってます?

ナンピン買いが危ない理由

ナンピン買いが「危ない」と言われる理由知ってます?

<目次>

【PickUp!】投資家達が人に言わない「無料の銘柄情報収集リスト」知ってます?
いち早く情報を仕入れて利益を出している投資家達が「人に言わない銘柄情報元」をこっそりご紹介しています。

ナンピン買いが危ないと言われる理由ご存じですか?

ご存じの方も多いと思いますが、投資を行う上で気を付けておきたい事の一つに「ナンピン」と言う取引手法が有ります。

これは購入した銘柄が下がってしまった時に、下値で買いを入れる事により1株の買値の平均を下げて損失を少なくすると言う取引手法です。

良く投資家の間では、「利益を上げるには損切りが大切」と言われる事が多いのですが、まさにその逆を行く投資法になります。

今回はそういった、何故そんな「ナンピン買い」と言う取引手法が危険なのかについて詳しくご紹介いたします。

基本的には、ナンピン買いはリスクがとても高いので「資金に余裕が有る時」に行う投資手法と言われています。

何故ナンピン買いが危険と言われてしまうのか?

危ないナンピン

それは、前述した様に100円で100株買って50円まで下がってしまった時、さらに100株買い増したとしたら実質75円で1株を購入したと同じ計算になります。

つまり、買いを入れた時の平均コストを下げる作用があるのです。

しかし、一見有効な取引手法の様に見えますが、やみくもにナンピン買いを行うのはとても危ないのです。

なぜ投資家達は利益を出せてるのか?理由を知りたいあなたへ

なんで投資家達は株で簡単そうに利益を出す事が出来るんだろう?

理由は安定して利益を出している投資家は「新鮮な銘柄情報」を必ず毎日チェックしているからです。

>>投資家達がチェックする「新鮮な無料銘柄情報3つ」とは?

あなたが下値と思っていても、必ずしもそこから株価が上がるという確証はありません。

なので、何故50円まで下がってしまったのかという原因や、過去の銘柄価格の動きを神経質にチェックをしなくてはいけません。

価格が下がってしまった要因として、業績悪化や悪いニュースが有ったと言うのであれば再度同じ銘柄に投資するのは絶対におススメできません。リスクが高すぎます。

塩漬けにするか損切りを行って、別の銘柄を購入すると言った発想を持った方が良い投資を行う事が可能です。

「そろそろ底値」だと思っていたとしても、そこからさらに株価を下げてしまうなんて事はとても多くある話です。

絶対に株価が下がっている時に、ナンピンで買い増す事だけはやめる様にしましょう。

市場の流れをはっきり読める様になってからナンピンは利用しよう

市場を読む

こういった考え方は、ナンピン買いの時だけではなく、通常の取引を行っている時にも意識して「逆張り」などには注意すべきです。

逆張りやナンピン買いを入れる時には、株価が下げ止まって反転の兆しが見えた時にだけ行うのが「鉄則」です。

なので日頃しっかりと出来高に注目をおこない、反転の時期を感覚でわかる様になってからこういう投資手法は行う様にしてください。

例えば、下げている要因が明確になっていて、市場自体が冷え切ってしまっている時などが仕込むべきチャンスと言えます。

「天井三日底値百日」と言う格言が有る様に、そう簡単に底値から株価が上昇する事は中々望めません。

なので、効率的な投資を行いたいと考えている投資家の方達は、これだと思った銘柄を高値で買ってしまって株価が下がったのならば、さっと撤退を行う勇気を持つことがとても大事な心得の一つですよ。

※知らないとまずい※投資家が仕入れている無料の銘柄情報株おすすめ銘柄トップ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)