権利落ち日に株価が下がる理由は?かしこく配当を得る秘訣!

権利落ち日

権利落ち日に株価が下がる理由は?かしこく配当を得る秘訣!

~目次~

【PickUp!】≫投資家達が仕入れている「無料の情報収集元」
稼いでいる投資家は、良い情報元を掴んでいるから人より一歩早く銘柄を仕込む事が出来るんです。

配当を得ようと考えている方で、注意したいポイントと言えば配当の権利を得た後の事です。

ご存じの方が多いとは思いますが、人気がある銘柄ほど、権利を得た後には大きな値下がりをします。

この権利を得た後に、大きな値下がりをする可能性が一番高いのが権利落ち日です。

一般的には「権利落ち日」に株価は下落します

基本的なルールとして、権利確定日を過ぎ、権利落ち日に株を売却したとしても配当金をもらうことができます。

そのため、多くの人が配当金をもらえる権利だけを得て、権利落ち日には株を売却するため、株価が下落することとなります。

株価が下がる

特に配当利回りが高い銘柄などは顕著にこれが現れます。

参考情報:配当利回り(会社予想)Yahoo!ファイナンス

なぜ投資家達は利益を出せてるのか?理由を知りたいあなたへ

なんで投資家達は株で簡単そうに利益を出す事が出来るんだろう?

理由は安定して利益を出している投資家は「新鮮な銘柄情報」を必ず毎日チェックしているからです。

>>投資家達がチェックする「新鮮な無料銘柄情報3つ」とは?

この権利落ち日は、権利確定日の翌日となります。ただ、翌日が株式市場が開いていない土日などになる場合には、翌営業日が権利落ち日となります。

配当を得るために株を購入するときに大切なのが、株が値上がりをする前に購入することです。

配当だけ得たいという方は、権利確定日間近になってから株を購入します。

そのため、今まで株価の変動がなかった銘柄が、権利確定日前になると、株価が急騰するということもあるのです。

配当を狙う時にはタイミングがとても重要です

できるだけ安全に配当を得るためには、この株価の上昇の前から株を購入することが大切です。

権利確定日前になれば、株価が上昇します。

権利落ち日に株価が値下がりをしたとしても、権利確定日前の上昇分がなくなるまでに売れば、配当と値上がり分も得ることができます。

この方法では、数か月間の時間が必要となりますが、かなり確実性の高い利益の得方と考えることもできるのではないでしょうか。

過去の権利落ち日の株価などのデータを参考にしよう

この配当を得るためのリスクを減らすための方法として、信用売りを利用する方法もありますが、資産が少ない方は信用取引をすることができない方もいます。

しかし、値上がりをする前から配当目的で購入することで、資金の少ない方でも配当をしっかりと得られる可能性があります。

こう言った様に、いくら配当利回りが良いからと言っても、投資する戦略が無いと良い結果は付いて来てくれません。

タイミングや権利落ち日にどの位株価が下がるのか、そして権利狙いの人が増えて株価が上がる時期はいつなのかを、過去のデータを参考に事前に仕込む事が安全に取引するポイントですよ。

※知らないとまずい※投資家が仕入れている無料の銘柄情報株おすすめ銘柄トップ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)