休むも相場なりと言う株の格言の意味とその重要性について

休むも相場

【チェック!】投資家達が人に言わない「無料の銘柄情報収集リスト」を確認する
いち早く情報を仕入れて利益を出している投資家達が「人に言わない銘柄情報元」をこっそりご紹介しています。

よく株式取引においての格言で、「休むも相場なり」と言う格言が有ります。

毎日の様に相場を予測して取引を行うだけが投資では有りません。今は売り買いを行うタイミングではないと判断する事も重要です。

今回はそういった、休むも相場なりと言う株の格言の意味や重要性についてご紹介致します。

休むも相場なりと言う格言の重要性

株式の売り買いを続けていると、どの株を買ったら良いのか?そして毎日続く分析に嫌気が差してしまう事って有りますよね。

そういう時に無理に取引しても、良い結果は当然生まれません。感情が取引内容や分析結果にも出てしまい、自分ではわかっていても正確な判断をする事が出来ないのです。

休むも相場なりと言う格言の意味は、まさにこういう時にしっかり休息しましょうと言う事です。

気持ちがリフレッシュするまで一週間とかひと月位休んでも良い位です。けれども休む時に忘れてはいけないやっておくべき事が有ります。

株の取引きを休む時にはしっかり株を換金しましょう

ある程度の期間取引を休むのであれば、思い切って今所有している株を清算しましょう。

これから上がるかも?と言った様な期待も有るかもしれませんが、そこは割り切って処分しましょう。

なぜ投資家達は利益を出せてるのか?理由を知りたいあなたへ

なんで投資家達は株で簡単そうに利益を出す事が出来るんだろう?

理由は安定して利益を出している投資家は「新鮮な銘柄情報」を必ず毎日チェックしているからです。

>>投資家達がチェックする「新鮮な無料銘柄情報3つ」とは?

ずるずると取引を続ければ一時的には若干利益を生めるかも知れませんが、長い目で見ればしっかり休む事の方が重要です。

ある程度まとまった休みを取る事が出来てみて初めて、冷静に相場を見る事が出来るのです。

また全ての株を換金すべきと言うのは、その間に持っている株が暴落する恐れがあるからと言うのと、なんだかんだ相場の事が気になって休めないから。

相場を休む時はしっかりと休息する体制作りを行って、意味のある休息期間にしましょう。

兼業トレーダーの方は行き詰った時、早まった判断を絶対にしない

こういう休息をつかずトレードをしている方の中で、本業がある兼業トレーダーの方もいます。

その時に注意すべきなのが、「兼業でやっているから取引がうまく行かないんだ」と考えてしまう事。こういう状況こそ相場を休むべきです。

基本的に兼業の方が株取引で独立する時は、「調子が良い時で専念したらもっと利益を生める」と言う自信を持った時に取引を行う物です。

マイナスになっている時に独立しても、良い結果にはなりにくい物。

一度冷静になれる様に、相場からちょっとの期間はなれる事をお勧め致します。

こういった様に、冷静な取引きを行える様に、調子の悪い時には休むも相場なりを実行されては如何でしょうか。

※知らないとまずい※投資家が仕入れている無料の銘柄情報株おすすめ銘柄トップ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)